- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト新潟

ヘルメットコーティング

テーマ:コーティングに関すること

リボルト新潟のブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

今回はバイク乗りのお客様より、御依頼頂く事の多い、ヘルメットコーティングのご紹介です。

自動二輪車にお乗りの方であれば、乗車時には必須アイテムとなるヘルメット。
乗車中は、車体同様に剥き出しで走行をしますので、走行時に様々な外的ストレスを受ける事になります。
虫や汚れ、また、雨や油膜等々。
バイク乗りの方であれば、ご存じかと思いますが、長距離走行後に、お気に入りのヘルメットが虫や汚れでびっしりついてしまい、がっかり。というご経験は御座いませんか。

当店では、このヘルメットに対しても、最上級コースとなる「リボルト・プロ」を施工する事ができます。
ヘルメットコーティングでは、帽体(シェル)部分は勿論の事、シールド部分もコーティング施工
致します。
helmetrikid01.jpg
施工後のメンテナンスにおいては、水で濡らしたマイクロファイバークロスを固く絞った後、当店お薦めのメンテナンスリキッドを塗布して頂くだけでOKです。

強く擦らなくても、付着した虫や汚れも容易に除去できますし、同時に、施工したベースのガラス被膜を保護する効果があります。
また、メンテナンスリキッドは、紫外線軽減効果もありますので、継続してお使い頂くだけで、紫外線からのダメージを長期間軽減致します。バイクシーズン真っ只中となる、紫外線が強いサマーシーズンにおいて、特に有効ですよ!

本日は、施工したヘルメットのご紹介を致します。

こちらは、今年2017年で創業70周年を迎える、バイク用品ブランドの「KUSHITANI(ニクタニ)」から、ヘルメットメーカーの老舗・アライのフラッグシップモデル「RX-7」をベースに特別なペイントが施された限定モデル「Arai×KUSHITANI 70th Anniv.Limited Model」です。
helmet01.jpg
ヘルメットのメーカーは数多く存在しますが、製品の品質、構造、また、塗装の精度に関しましては、アライのヘルメットのクオリティは群を抜いて高いものがあります。
helmet02.jpg
helmet03.jpg
helmet04.jpg

お次は、モトリモーダ製の「HARISSON CORSAIR 」のマットブラックのヘルメットです。
ミリタリーエッセンスが盛り込まれたデザインのスパルタンな印象のヘルメットですね。
helmet05.jpg
マットカラーは、艶消しの塗装が施された塗色で、クリアにフラットベース(艶消し剤)を入れて仕上げた塗装です。
helmet06.jpg
helmet07.jpg
このマットカラーへのコーティングでは、ガラスコーティングならではの自然な艶感を与える事ができますが、施工後においても、強く擦ったり、磨いてしまうと、部分的に艶が出来てしまう為、取り扱いには充分な注意が必要です。
helmet08.jpg

当店では、ヘルメットコーティングキャンペーン(7月~8月までの2ヶ月間限定)を行います。
上記期間に、バイクコーティングをご依頼されたお客様で、ヘルメットを同時に施工お申込み頂いたお客様に、施工後にお渡ししている、「メンテナンスリキッド」と「高級マイクロファイバークロス」を1セット追加でプレゼント致します。
helmetrikid02.jpg
バイク本体のメンテナンスと合わせてヘルメットへのケアに是非、お使い下さい!

ヘルメットコーティング施工料金
5,400円(税込)

ヘルメットコーティングをご依頼頂いたお客様、この度は、リボルト新潟にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

revolt.jpg