- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト松山

トヨタ・アルファード 塗装ミスト除去事例

テーマ:ペンキミスト除去

リボルト松山ではペンキミストの除去作業も承っております。

ボディ、ガラス、ホイールなどお車全体に無数の点々が付着し、手で触るとザラザラ。主な原因は住宅の外壁工事の際に飛散したものです。
時間が経つと除去が困難になりますので付着してしまった場合はお早めにご相談ください。

ピラー


バイザー


グリル


メッキ


メッキ2


ホイール


ドアピラーやサイドバイザーの樹脂パーツ、グリル、メッキ部、ガラス、ホイールなど全体に付着しておりました。


付着したペンキや塗装ミストですが除去方法は様々です。
①シンナー類の溶剤で除去する
②トラップ粘土を使用し除去する
③研磨にて除去する

上記の除去方法ですが、どれも正しい作業を行わないとお車の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

シンナー類で除去する方法が一番手っ取り早いですが、塗装面の状態によってはクリア塗装を曇らせたり、樹脂パーツ、ゴム類などは変色にもなりかねません。

リボルト松山ではスピードを求めず、安全で確実に除去作業を行うために『トラップ粘土』を使用し、できる限り除去作業中に傷の入るリスクを抑えつつ除去してまいります。
樹脂パーツやゴム類は基本的に部品交換しかできないと言われておりますが、素材や状態に合った方法で除去しますので全部品交換で高額になる場合も費用を抑えることができます。

メッキ除去


サイドバイザー除去


グリル除去


ガラス除去


ホイール除去


ペンキミストを除去した際に、入ってしまった傷は、研磨にて整えていきます。ここでも傷を消すどころか新たな磨き傷をつけてしまうこともありますので慎重に作業を行う必要があります。


ピラー除去後


メッキ除去後


メッキ除去後


レンズ除去後


ホイール除去後

部品交換もなく、新品部品並みかそれ以上に仕上がることができました。

他の案件で入庫したお車のフロントガラスですが、塗装ミストを除去した際の磨き傷がひどく入っておりました。

ガラス傷


おそらく塗装ミストを除去するためにいきなり粗目の研磨をしたものと思われます。

ペンキや塗装ミストの除去はただ目立つものを除去すればいいというわけではございません。いかにお車にダメージを与えず、除去し仕上げることが重要です。

コーティング施工車・窓ガラス撥水施工車・ホイールコーティング施工車などの場合は、ペンキミスト除去後に再施工が認められます。

リボルト松山ではコーティング施工後に施工証明書を発行しておりますのでご安心してお任せください。

アル-1


アル-2


アル-3


アル-4


アル-5


アル-6


アル-7


お問い合わせはこちらから

【リボルト松山】
〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町大字筒井316-1
TEL&FAX 089-954ー3205
MAIL:revolt@revolt-matsuyama.com
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)