- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト長野

日本最高峰のミニバン!トヨタ・アルファード ガラスコーティング

テーマ:施工ギャラリー

トヨタ・アルファードご入庫いただきました。
施工メニューは[リボルト・プロ][窓ガラス撥水加工(全面)]をご依頼いただきました。

大人気車アルファードですが、今回ご入庫いただいたお車はTRDのエアロが装着されており、純正とは一味違うスポーティな雰囲気に仕上がっております。
お車は新車登録から約2年経過しており、多少の小傷や汚れがある状態でした。エアロは最近取り付けされたとのことなので、新品のエアロと同じような輝きを目指してコーティングさせていただきます。
もちろんエアロもさらに一段きれいな状態を目指して施工を進めていきます。


まずは窓ガラスの撥水加工から施工しますが、シミが多い状態でしたのでしっかりと隅々まで磨いてから撥水加工を行います。

dsc_0083.jpg

dsc_0142.jpg

施工後はシミもほとんど除去することができ、バッチリ水をはじくようになってくれました。
とても撥水効果があるのでお勧めです♪

続いてボディ側の作業をしますが、最初に膜厚を測定してボディ状態をチェックします。

dsc_0091.jpg

十分な膜厚を確認できたので作業を進めていきます。

今回は主にメッキ部分の汚れや水シミが目立つ状態でしたので、特に注意しながらきれいにします。
dsc_0088.jpg

dsc_0031.jpg

【Revolt Adjust System】により磨き上げていきますが、白いボディは傷が見えにくいのでしっかりと照明を当てて傷を確認しながら磨きます。当店では高輝度LED照明を使用しておりますが、このしっかりとした照明を使用して傷を確認することもかなり重要なポイントです。

必要最小限の研磨を意識しながら出来るだけ落とせる傷は落とせるようにじっくりと時間をかけますが、メッキ部分にはあまり強い力や熱は加えられない為、手磨きで丁寧に作業します。グリルも細かく分かれているので、ポリッシャーと手磨きで分けながら細かな部分まで磨きあげます。

研磨工程の後はコーティングを施工します。
リボルト・プロは完全硬化型のガラスコーティングとなっており、固まると簡単には取れない為コーティング塗布時の作業性は悪いですが、その分しっかりと施工することでガッチリとボディを保護してくれます。被膜が厚過ぎると割れてしまう可能性もありますが、約3㎛(マイクロメートル)というコーティング被膜を形成するので割れたり剥がれたりする心配もありません。

そして、下地処理とコーティングが完了した後は傷が消えてツヤツヤなボディに戻りました♪

dsc_0088.jpg

dsc_0099.jpg

dsc_0056.jpg

1586598283A.jpg

dsc_0031.jpg

dsc_0126.jpg

テールレンズの洗車傷も消えています。
dsc_0019.jpg

dsc_0137.jpg

今後はお引渡し時にお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間美しいボディを維持できると思います。
洗車やメンテナンス等もし気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

1586598554A.jpg

dsc_0152.jpg

1586598593A.jpg

dsc_0163.jpg

dsc_0212.jpg

1586598656A.jpg

dsc_0171.jpg

dsc_0205.jpg

1586598721A.jpg

1586598754A.jpg

dsc_0194.jpg

1586598794A.jpg

dsc_0242.jpg

1586598842A.jpg

dsc_0227.jpg

dsc_0235.jpg

dsc_0232.jpg