- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト郡山

「美しさを長期的に保つために」BMW X1のガラスコーティング

テーマ:コーティングに関すること

BMW X1 xDrive25i ( ミネラルホワイト )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

160403x1_j00.jpg

160403x1_j01.jpg

160403x1_j02.jpg

160403x1_j03.jpg

160403x1_j04.jpg

160403x1_j05.jpg

160403x1_j06.jpg

160403x1_j07.jpg

160403x1_j08.jpg

160403x1_j09.jpg


リボルト郡山の渡辺淳一です。

納車されてから間もない新車のBMW X1のご用命です。最初に塗装面の状態を確認するため洗車してみると、水をかけたときの撥水の具合が異常に強く、何かワックスの類がベッタリ塗ってある様子がありました。どの段階で塗られたのかは特定できませんが、製造段階で修正を受けた際や新車整備センターでのチェックの段階、あるいは納車直前に塗られたりなど色々なケースが考えられます。

ワックスはたしかにボディに光沢を与えてくれますが、主に含まれているのは油脂分です。油は空気に触れると酸化がはじまり、酸化することで汚れを取り込みやすくなります。そのためほとんどは光沢もあまり長持ちはせず、酸化の影響により塗装面がくすんでしまうこともあります。

せっかくの新車をよりきれいに長く保つためにも、このワックスの類は早めに落としてしまい、酸化劣化しにくい無機のガラスコーティングで保護するのが効果的といえます。当グループが手がけた独自のコーティング剤であるリボルト・プロは、石油系溶剤などを一切含まない低分子・完全硬化型のガラス濃度100%の被膜です。耐久性、防汚性共に高いレベルで持ち合わせております。

こちらのX1、通常の洗車で油脂分を完全に落とすのは難しいため、洗車後に専用のケミカルを使って取り除き、まずはボディをありのままの状態にしました。すると今まで目立たなかった磨いた痕跡と思われるオーロラマークが一部にはっきりと露見しましたが、これは下地処理で問題なく除去し、コーティング被膜の形成にふさわしい美しい塗装面を創りあげます。そしてベストコンディションとなったお車をリボルト・プロ被膜で包み込み、しっかり保護いたしております。

今後はお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、定期的に洗車をすることで、美しい状態を長期間に渡って維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。