- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト郡山

「新車は一番きれい?」トヨタ カムリのガラスコーティング

テーマ:コーティングに関すること

リボルト郡山の渡辺淳一です。

トヨタ カムリのご入庫です。今年のフルモデルチェンジで大胆にイメージが一新され、先代モデルの堅実な佇まいから、よりアグレッシブでクーペのような伸びやかなデザインとなりました。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ フロントバンパー2

ボディカラーのアティチュードブラックマイカも、これまたカムリによく映えますね。モデリスタのエアロパーツと相まって、華やかなフォルムをいっそう魅力的に演出しています。

オーナー様からは、納車のめどがお分かりになり次第すぐにご予約をいただいていたため、お車は納車日にお預かりできましたが、専用の高輝度照明下でボディをチェックしてみると、やはり塗装面は万全とは言えない状態にありました。

新車といえば一番きれいな状態を想像すると思いますが、実際は完璧な新車はありません。拭き傷、洗車傷程度の浅めの傷や水シミなどはごく普通に見られますし、製造段階や納車前に不具合等が見つかり修正を受けている場合も珍しくありません。また、メーカーによる差はありますが新車特有の塗装の曇りもあります。これらは目立ちにくく見逃しがちなものですが、本来の美しさを損ねている要因です。

今回のカムリには、修正を受けて磨かれた痕跡はなかったものの、小傷が全体的に多く、その影響でやや白っぽくなっていました。

当店では塗装状態をしっかり把握できる専用の高輝度照明を完備していますので、通常分かりにくい小傷や水シミ、塗装の曇りも見逃さずに処理し、ボディカラーが持っている美しさを最大限に引き出します。  

施工前後の比較のため、ルーフとボンネットの一部を撮影いたしました。

Before

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工前ルーフ

After

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工後ルーフ

Before

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工前ボンネット

After

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工後ボンネット

あまり目立たないものを除去したからといって、そんなに新車に変化はないのではとお考えの方もいらっしゃると思いますが、こういったマイナス要因にまで注意を払い入念に処理し、「リボルト・プロ」を形成させることで、お車の印象は大きく変わってきます。これまで様々な車種の新車を施工させていただきましたが、例外なく変わります。

その塗装の性質と状態にマッチした下地処理で塗装の曇りや小傷、水シミを取り除き、ボディカラーそのものの良さが存分に表れたお車は、街中でもその艶と輝きは際立ちます。駐車場などで周りの車と比べていただければ、美しさの違いをきっと実感していただけると思います。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ フロントバンパー1

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 左ホイール

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ リアバンパー

色の深みとわずかな青みも感じられるようになり、まるで吸い込まれるような光沢に包まれたカムリ。お引き取りにいらしたオーナー様にもお喜びいただくことができました。

カーコーティングは、現在様々な業者によって行われています。ディーラーや副業でカーコーティングを行っているショップ、中にはわずか数時間で仕上がるガラスコーティングなども存在しますが、リボルト郡山ではそれらの施工では到達できない専門店ならではの仕上がりをご提供させていただきます。