- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト川崎

【動画】経年車を蘇らせる(その2)

テーマ:コーティングに関すること

今回ご紹介するのは、かなり程度の悪くなった経年車を下地処理で復活させた事例です。

「コーティングをすると車は綺麗になりますか?」
というご質問をよくいただきます。答えは、Yes でもあり No でもあります。
コーティング自体にも艶出し効果や傷埋め効果があるため、コーティング剤を塗布するだけでも結構綺麗になります。しかし、やはりその効果にも限度というものがあります。ボディを一番綺麗にするのは、コーティングではなく下地処理です。ボディを磨いて塗装面そのものを美しく蘇らせることです。

経年車下地処理

今回ご紹介するのは、新車から10年以上経過し、雨ざらしの状態でずっと保管されていたお車で、どんなに洗車をしてボディ状態を気遣っていたとしても、紫外線、雨の酸、汚れ、洗車時に付くスクラッチ等でダメージを受けるのは避けられません。

こちらのお車も、本来の黒い色合いは完全に損なわれ、美しいという状態からはなかなかに程遠い状態になってしまいました。完全に新車状態に戻すのは困難かもしれませんが、それでも本来の深い黒の色合いを復活させ、艶、輝きを存分に引き出せるくらいまでは塗装面を整えることが出来ました。

この処理には繊細な注意力と高い技術力、そして最適な施工環境が要求されます。リボルトグループの下地処理は、高い水準で標準化されたリボルトアジャストシステムにより実現されます。

お問い合わせフォーム

【リボルト川崎】
〒211-0051神奈川県川崎市中原区宮内3-8-5
TEL&FAX:044-281-8610
MAIL:radiusrevolt@yahoo.co.jp