- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト川崎

【動画】美観を決めるのは『下地処理』

テーマ:コーティングに関すること

これは非常に良く受ける質問ですので度々紹介させて頂いておりますが、『コーティングで綺麗になりますか?』と聞かれることがあります。

正解は Yes でもあり No でもあります。コーティングは文字通りボディを覆うことで保護するものですが、車を綺麗にするのはコーティングよりも『下地処理』なのです。下地処理は、ボディの下地そのものを磨くことで綺麗にする工程を意味します。

下地処理は塗装面のみならず、窓ガラスにも行うことができます。窓ガラスは経年すると、水道水中のカルシウムなどの成分が固着してうろこ状のシミが付きやすくなります。これを下地処理で綺麗にしてから、撥水コートをかけることによりシミを付きにくくします。撥水コートは雨天時の視界確保という効果のほかに、美観上でも大変威力を発揮するのです。

そして塗装面。次の動画で紹介するのは納車後1カ月程度のまだほぼ新車で、ディーラーさんでコーティング済みの車両なのですが、そこそこの小傷がありました。これを一度下地処理でリセットして綺麗にしてから、初めて保護剤となるコーティング剤を塗布します。

次の動画は、窓ガラス、塗装面両方とも、境界線から右側が下地処理済みです。どこが境界線かは、動画をご覧いただけたらすぐにわかると思います。

下地処理は高い技術力と適切な施工環境、設備が必要となります。リボルトグループにおいて確立された下地処理技術【リボルトアジャストシステム】を駆使してボディを綺麗に整えます。綺麗な車でドライブを楽しみたい方は、是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォーム

【リボルト川崎】
〒211-0051神奈川県川崎市中原区宮内3-8-5
TEL&FAX:044-281-8610
MAIL:radiusrevolt@yahoo.co.jp

窓下地