- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト金沢

レクサス・UXのガラスコーティング

テーマ:コーティングに関すること

UX01

SUVの進化過程において、その独特なフォルムは『機能美』という言葉で括られてしまうのが一般的かと思います。
しかしこのレクサスUXは機能美はもちろん、フォルムの美しさも兼ね備えています。ヘッドライトの鋭い目つきや流れるようなボディライン、リア部分は滑らかな曲線と切り裂くようなシャープなラインが特徴的であるテールランプが並んでいます。この一見相反するデザインのコラボレーションが成り立つのは、レクサスならではと言えるのではないでしょうか。まさに『二律双生』がふさわしい車ですね。

今回のお車はそのレクサスUXのシルバーカラー、街でもよく見かける人気のカラーリングですね。新車でご購入されてからのご入庫でした。
まず最初は丁寧に洗車をします。ボディの上にのっているホコリや汚れ、鉄粉などを除去していきます。この作業は結構大事で、しっかりと洗車を行う事によってさらにボディの状態を見極めることが出来ます。

UX04

次はボディの状態をチェック。シルバーなどは傷などは目立ちにくいのですが、一度見えると気になってしまうんですよね(個人的にですが・・・)
なので、新車とはいえ入念なチェックをしていきます。通常光では見えにくい傷も店内完備の高輝度大型LED照明でチェックしていきます。
このチェックにより、我々の施工は新車を新車以上に輝くお車へと昇華させることができるのです。

チェックが終わると下地処理を行います。
コーティングがしっかりと定着する役目を果たすこの下地処理は、施工の中でも最重要過程と言っても過言ではありません。この下地処理は凹凸のあるクリアコート面を平らにするという効果があります。
平らにすることで接着面を増やし、より効果的にコーティングは効果を持続させる効力を発揮します。この技術は、REVOLT独自の技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)】であり、繊細な塗装面に負荷をかけることなく施工していく唯一無二の技術です。この下地処理によってお車のボディは最高の状態に仕上がります。
施工の中でも一番重要な作業ですので、しっかりと施工します。下地処理は新車のお車にも有効で、何度か記事に書きましたが新車の【くすみ】をとる役割もあります。これは少なからず新車でもクリア面に汚れや凹凸があることを意味しています。
下地処理の効果はそれだけではありません。塗装面には汚れや油分、その他様々な成分が付着しています。それらをきっちり落として塗装面を丸裸にし、コーティング剤がしっかりと塗装面に食いつくための下準備という役割もあります。
その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

UX01
UX02
UX03
UX05
UX06
UX07
UX08
UX09