- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト埼玉北

VW・ゴルフGTIのガラスコーティング【施工事例】

テーマ:施工事例

【リボルト埼玉北】のブログをご覧いただきありがとうございます。

ゴルフ-10

メーカー:フォルクスワーゲン
車種:ゴルフGTI
登録:2018年車
色:ピュアホワイト(0Q)

【施工内容】
・ガラスコーティング(リボルト・プロ)
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング

 フォルクスワーゲンを代表するゴルフ。その中でも特別な存在感でる「ゴルフGTI」のご紹介です。今回の車は、2017年のマイナーチェンジ後の通称:7.5と呼ばれる後期型モデルです。新しくヘッドライトにはLEDが標準になり、伝統の赤ラインが存在感を示しています。後期型の熟成度は、納得の完成度ではないでしょうか!?

ゴルフ-13

さて、お車は登録より3年が経過しております。新車時に他の専門店でガラスコーティングを施工済との事でしたが、3年間の蓄積したダメージによる雨染みが全体的に見受けられました。そんなダメージのあるお車にも、リボルトグループの高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】は、『最低限の磨きで最大限の美しさをつくる』高度な下地処理技術です。その車の状態により最適な下地処理にて、最高な状態へと引き出します。

下地処理の完成後は「純水」にて脱脂洗車を行い、完全乾燥の後にコーティング作業となります。今回の施工コース【リボルト・プロ】の完全硬化型のコーティング剤を施工します。リボルトグループにて独自に研究開発されたコーティング剤は、リボルトオリジナルの低分子・完全硬化型(濃度100%)のガラスコーティングです。リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は、約2~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。下地処理にて整えられた塗装面に、たっぷりとガラスコーティングを施工してまいります。

2層目の完全無機質な被膜特性を持つ【トップコート】にはベースコートと同じく紫外線軽減(UVカット)効果があり、塗装の劣化を防ぎます。完全ガラス被膜とガラス繊維素によるデュアルプロテクションコーティング(2層)を同時に硬化させる事で、大切な愛車を長期間にわたって守り続けます。

コーティングの完成度は下地処理で決まります。車のカーコーティングは下地処理に重点を置いてる「リボルト」にお任せ下さい。下地処理の磨きに関する考え方は、専門店により大きく異なります。当店では事前のお打ち合わせ後に、車の状態に合わせた最適な施工コースをご提案させて頂きます。全国30店舗のリボルトグループでは独自の下地処理、施工方法技術を確立し、クオリティの高いサービスを提供しております。

外装のボディコーティングは専門店により標準での施工範囲が異なります。そこで当店では【標準施工】を明記しており、施工前にお客様に少しでも安心して愛車のコーティングをしていただけるように明確にしております。

施工後のお車を引き取りに来られたオーナー様から、今回のご依頼のきっかけは【Googleマップの口コミ】を見て、「評判が良かったので!」と嬉しいお言葉を頂きました。

コーティング後のお車は、当店からお渡しております【メンテナンスキット】を利用して正しく洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

ゴルフ-10
ゴルフ-11
ゴルフ-12
ゴルフ-13
ゴルフ-14
ゴルフ-15
ゴルフ-16
ゴルフ-17
ゴルフ-18
ゴルフ-19
ゴルフ-20
ゴルフ-21
ゴルフ-22
ゴルフ-23

▼VW・ゴルフGTIの作業風景ブログはこちらよりご覧下さい
・下地処理【入庫報告/作業日誌】

ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

▼SNSでも情報を発信しております
リボルト埼玉北のfacebookはこちらより
リボルト埼玉北のTwitterはこちらより
リボルト埼玉北のInstagramはこちらより
リボルト埼玉北のYouTubeはこちらより

▼次世代ガラスコーテンング リボルトプロ・エクストリーム新登場