ガラスコーティングのメリット

テーマ:その他

本日はガラスコーティングのメリットについてご説明したいと思います。
①硬い被膜が覆うことで傷が入りづらい

ガラスコーティングの最大のメリットは硬い被膜で塗装面を覆うことでスクラッチ傷などの微細な傷が入りづらくなるということです。全く入らないわけではありませんが、カーワックスと比較すると劇的に傷は入りづらくなっています。


➁紫外線や太陽光の熱でコーティング被膜が剥がれない

カーワックスは熱や紫外線に弱いため1~2週間程度でコーティングが剝がれてしまいます。
しかし、ガラスコーティングは耐熱温度700~1100℃まで耐えられるので熱による剥離が起こりません。また、UVカット機能も得られるため塗装面の色あせや塗装の剥離も防いでくれる効果が得られます。


③コーティング施工後は洗車のみのお手入れでも十分綺麗な状態をキープ

コーティング施工後は洗車のみでカーワックスは不要となりますのでお手入れが格段に楽になります。そして、防汚性効果に優れるガラスコーティングは付着した汚れが洗車だけで簡単に落とせるようになるのも魅力の一つです。
また、コーティング未施工車は洗車時に汚れ落ちが悪いため洗車の時間が長くかかりますが、コーティング施工車は簡単に汚れを落とすことが可能となります。


④3年~5年と長持ちする

ガラスコーティングはカーワックスに比べ長持ちするコーティング剤です。一度施工すれば3~5年は塗装面を強固に守ってくれます。
ガラスコーティング以外のコーティング(ポリマー系、油脂系、ガラス系)は持続性が1~2年に対し倍以上の耐久性を誇るのがガラスコーティングの特徴となります。


⑤無機系コーティング剤のため有機系汚れが付着しづらい
無機系のガラスコーティングは汚れづらくセルフクリーニング効果に優れます。
セルフクリーニング効果とは付着した汚れが雨によって流れ落ちてくれる効果があります。そのため、洗車の頻度が減り塗装面の綺麗な状態をッキープしやすくなるというメリットがあるのです。

  • Share this page: