- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト名古屋

【中古車コーティング】下地処理で光沢アップ!

テーマ:経年車ビフォーアフター

こんにちは。
リボルト名古屋の菅原です。

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。


お車の買い替え時期になるこの時期、新車、中古車のご依頼が大変増えております。
多くのご予約有難うございます。


新車は、
ワンランク上の輝きを

中古車は、
新車の輝きを

オーナー様に喜んでいただけるよう、一台一台丁寧に磨きあげております。



「下地処理でどこまで綺麗になりますか?」

「下地処理で輝きはかわりますか?」

やはりコーティングにとって、最も重要な工程が「下地処理」になります。


艶、輝きの妨げとなるダメージは、可能な限り除去します。





下地処理をおこなううえで必要なことが、塗装状態をしっかり把握することです。

新車であれば、塗装が薄いなどの問題は少ないですが、

中古車は、そうはいきません。


何度も磨きをされている場合、塗装が薄くなっていることがあります。


磨き過ぎによるトラブルを起こさないよう、
当店は、下地処置をおこなう前に目視だけではなく「光沢計、膜圧計」を使用して塗装状態を確認しています。

膜圧計:
20210517_1.jpg


光沢計:
20210517_2.jpg





ご依頼いただきました車両は、
日産・フェアレディZのご依頼です。

2014年式 登録から7年のお車になります。

ボディ全体は、長年の洗車で着いてしまったであろう、スクラッチキズで覆われています。
輝きの妨げとなり、白く曇っている状態です。



また、ボディを触ると「ザラザラ」。
重度の鉄粉も確認できました。

20210517_3.jpg


塗装本来の美しい輝きを蘇らせるため、下地処理をおこないます。



下地処理技術は、
リボルトグループの独自下地処理技術「Revolt Adjust System(リボルト アジャスト システム)」にて、塗装面を最小限の磨き・負担で塗装を蘇らせていきます。







20210517_01.jpg


20210517_02.jpg





ダメージが目立っていたボンネットは、

BEFORE:
20210517_5.jpg


AFTER:
20210517_03.jpg



リボルト・プロのコーティングにより、

・膜圧は、
 121 μm → 126 μm  5 μmアップ↑

膜圧計:
20210517_07.jpg


・光沢は、
 76 ポイント → 90 ポイント 14ポイントアップ↑

光沢計:
20210517_08.jpg


新車の輝きを引き出すことができました。

20210517_04.jpg


20210517_05.jpg


20210517_06.jpg





オーナー様に、
大変お喜びいただきました。

今回はご依頼いただきありがとうございました。




リボルトグループ
ガラスコーティングショップ【リボルト名古屋】
〒462-0016 愛知県名古屋市北区西味鋺(にしあじま)2丁目320
TEL&FAX:052-325-8654
URL : http://www.revolt-nagoya.com/
Mail : revolt@revolt-nagoya.com