- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト松山

トヨタ・ヤリスクロス ガラスコーティング施工事例 洗車での下地処理にもこだわってます!

テーマ:施工ギャラリー

リボルト松山では、「リボルトプロ・エクストリーム リリースキャンペーン」を実施しております。
この時期だけの特別なご案内となりすのでご検討の程、お願い申し上げます。
▼キャンペーン期間
 ・2021年6月30日までにご予約をいただいたお客様
 ※施工日は7月以降の施工でも適用させていただきますのでお気軽にお問合せ下さい。
キャンペーン内容はこちら

今回は、ヤリスクロスのガラスコーティング施工事例の紹介です。


《今回の施工内容》
リボルト・ライト(新車限定) ボディコーティング
リボルトプロ樹脂パーツコーティング
リボルトホイールコーティング
全窓ガラス撥水加工

dsc_1609.jpg

オーナー様より新車納車直後にお持ち込み頂きました。ありがとうございます。

今回ご用命いただいたリボルトライト(新車限定)コースは研磨による下地処理を行わなわずコーティングを行っています。

通常の研磨を行わないコーティングでは洗車してそのままコーティングを塗ったり、1種類の下地処理洗剤で洗車後コーティングを塗るというのがほとんどであります。


リボルト松山では、新車であっても塗装の状態を細かくチェックし洗車時の水の流れや手触りから塗装の状態を把握し、鉄粉や水シミ、汚れなどに合わせた数種類のケミカルを使用し塗装面を整えております。


研磨を行わないコーティングこそお店の技術力の差がでてくると思っています!


それでは全体の洗車を行ってから各部位の確認を行います。新車には各メーカーからディーラーさんに届くまでに天井やボンネットに保護フィルムが貼ってあります。その保護フィルムの糊跡がボンネットの一部にありましたので、奇麗に除去しました。

保護

また、新車であるのに信じられないかもしれませんがバックドアを中心に鉄粉が付着しておりました。鉄粉付着は地域性も関係していると思いますが、ディーラーさんの保管状況や仕上げでも差がでてきます。今回は研磨を行わない為、トラップ粘土を使わずケミカル(洗剤)にて除去します。

鉄粉


ケミカルに反応して紫色に見えるのが鉄粉です。

コーティングというと外装の塗装面というイメージですが、ドア開口部や、バックドア、ボンネット、給油口の内側なども施工しますので、内側も洗浄します。


ドア付け根のヒンジなどには錆防止のグリスの余剰分があり、使用に伴いグリスに汚れが付着し溜まりやすいため、余剰分のグリスも除去します。

Before
グリス前

After
グリス後

細部まで下地処理を行った後は、コーティング施工です。


コーティングには「リボルト・プロ」と「リボルト」で使用するトップコート(1層)のみのコーティングとなりますが、他のコーティングショップでの仕上がりと比較しても大きく劣るところはありません。また、コーティング被膜は石油系溶剤を含まない環境対応品ですので、酸化劣化することなく長期間コーティング効果を維持可能です。なお、トップコートには紫外線軽減(UVカット)機能がありますので、塗装には大敵である紫外線からもボディを守ります。

今回はオプションで樹脂パーツにリボルトプロの部分施工をさせて頂いております。多くの車両がバンパー、グリル、ワイパーやドアミラーなど黒い樹脂パーツが各部に使用されています。塗装により保護されていない為、紫外線や熱による影響などから白く劣化してきます。保管状況や洗車などのお手入れにより差はありますが早ければ新車から1年ほどで白く劣化することもよくありますので、リボルト・プロにてコーティングすることにより、黒々としっとりとした艶を手に入れることができます。


ワイパーカウルトップ
カウルトップ

ピラー部

ピラー

フェンダーモール
フェンダー


ドアモール
ドアモール


リヤバンパー
リヤバンパー


コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

ヤリス2


ヤリス3

ヤリス4

ヤリス5

dsc_1617.jpg

お問い合わせはこちらから

【リボルト松山】
〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町大字筒井316-1
TEL&FAX 089-954ー3205
MAIL:revolt@revolt-matsuyama.com
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)