【施工事例】ルノー・カングー(2009年)

テーマ:施工ギャラリー

リボルト松戸の井上です。
今回は「ルノー・カングー(2009年)」の施工事例です。

「フルゴネットタイプ」と聞いてピンと来る方はいらっしゃいますでしょうか。ライトバンの一種で、乗用車の後部に箱が付いたようなデザインのことを言うそうです。カングーはフランスでは郵便車両として採用をされているそうで背が高く実用的な車です。また後部のドアは向かって左側が広い非対称でフランス車らしいユニークなデザインになっています。オーナー様にご用命をいただいたこのお車は、ボディカラーがイエローなこともあり、たいへんおしゃれでかわいく見えます。

今回、オーナー様には「リボルトプロ・エクストリーム」のご用命をいただきました。オーナー様によると以前ガラスコーティングをされていたのですが耐用年数の3年が経過したため新たにコーティングをされたいとのことでした。年式が2009年ということで13年経過したお車ですが、オーナー様は海に山にお車を走らせ、アウトドアライフを楽しんでいらっしゃるようでした。
13年が経過した上、アクティブに行動をされていますのでボディに多くの傷みがありました。深いキズやクリアや塗装が剥がれている箇所はさすがに回復をさせることはできませんが、下地処理(リボルトアジャストシステム)により、ケミカル剤洗浄、研磨を行うことにより時間をかけてできる限り尽くしました。

【ボンネット】
ボンネットなどには、細かいキズがあり反射光が乱反射していましたが、多くのキズは除去することができました。研磨前は白っぽい黄色だと思っていましたが、キズを除去することで山吹色のような色であることが分かりました。
※写真では分かりにくいですが赤い丸で示した場所に多数の細かいキズあります。
20220129kangoo_bonet_b.jpg

20220129kangoo_bonet_a.jpg

【ドア取手】
非塗装樹脂であるドア取手は白っぽくなり始めていましたが、ケミカル剤洗浄とガラスコーティングにより落ち着いた黒に戻ります。
20220129kangoo_door_b.jpg

20220129kangoo_door_a.jpg

【ヘッドライト】
13年の経年はやはりヘッドライトの透明度が劣化します。材質のポリカーボネートは紫外線により透明度が失われていきますが、表面を研磨しガラスコーティングを行うことで透明度の回復と劣化防止に効果があります。
20220129kangoo_hlb.jpg

20220129kangoo_hla.jpg

【リヤバンパー上】
ボディの奥まっている部分は汚れが蓄積するので、簡単な洗車では除去することができません。ケミカル剤による洗浄と研磨で除去することができます。
20220129kangoo_r01b.jpg

20220129kangoo_r01a.jpg

【エンブレム(後部)】
エンブレムも凹凸が多いため汚れが蓄積しますが、除去することができます。
20220129kangoo_rearemb1_b.jpg

20220129kangoo_rearemb1_a.jpg

20220129kangoo_rearemb2_b.jpg

20220129kangoo_rearemb2_a.jpg

【ルーフ】
ルーフにはボディに刺さるように汚れ(鉄粉)が付着しているので、ケミカル剤やトラップ粘土により除去し研磨を行います。
20220129kangoo_roof_b.jpg

20220129kangoo_roof_a.jpg

【ドア非塗装樹脂】
カングーは非塗装樹脂がドアやバンパーに多く用いられていますが、劣化による白色化により樹脂の地が顕在化して見えることがありますが、洗浄とガラスコーティングにより元の黒い状態に近づけることができます。
20220129kangoo_side_b.jpg

20220129kangoo_side_a.jpg

今回ご用命くださったのは、リボルトグループで新リリースしたコーティングメニュー最上位の「リボルトプロ・エクストリーム」です。「リボルトプロ・エクストリーム」は、リボルトプロの性能はそのままに「耐スリ傷」「撥水性能」「汚れ軽減」「被膜定着」などが強化されています。
コーティング被膜は(1)ベースコート、(2)トップコート、(3)オーバートップコートからなる強固な3層コーティング被膜を実現しております。コーティング被膜は低分子化された、確実に固まる完全硬化型コーティングとなります。
20220129kangoo011.jpg

ガラスコーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力のアップにより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。
20220129kangoo001.jpg

20220129kangoo002.jpg

20220129kangoo003.jpg

20220129kangoo004.jpg

20220129kangoo005.jpg

20220129kangoo006.jpg

20220129kangoo007.jpg

20220129kangoo008.jpg

20220129kangoo009.jpg

20220129kangoo010.jpg

20220129kangoo012.jpg

20220129kangoo013.jpg

20220129kangoo014.jpg

20220129kangoo015.jpg

このたびは、リボルトプロ・エクストリームのご用命をいただきましてありがとうございました。

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ




  • Share this page: