リボルト熊本 デモカー コーティング施工から3か月放置したその後!

テーマ:

こんにちは!ガラスコーティング専門店【リボルト熊本】村田です。
いつも当店ブログを見てくださりありがとうございます。


以前、6月ごろ当ブログでもご紹介させていただきました当店のデモカー トヨタ 86を覚えていらっしゃいますでしょうか?
 GRガレージさんのご協力でショールームに展示していただいていたあの黒の86です。

当ホームページのトピックスやブログに掲載しなかなかの反響を頂きました。
 まだご覧になっていない方は、10年間ほぼメンテなし。ヤレにヤレた塗膜が熟練の研磨作業とコーティングにより復活していく姿を解説と共に綴っておりますので是非ご覧ください。

こちらにリンクを張っておきます。

【GRgarage熊本中央様にて デモカー展示中!!】


1日目 リボルト熊本 デモカー入庫いたしました! スーパーチャージャー仕様 トヨタ 86

2日目・デモカー トヨタ 86 ホイールコーティング施工過程 【リボルト熊本】

3日目・デモカー トヨタ 86 ボンネットハーフ施工過程 【リボルト熊本】

4日目・デモカー トヨタ 86 素地部・艶消し塗装 窓ガラス施工過程 【リボルト熊本】

5日目・デモカー トヨタ 86 before & After 【リボルト熊本】

このデモカーをコーティング施工後あえて3か月近く洗車せず屋外に放置
施工前と施工後どのようにコーティングが効いているかを実験的に検証してみました!というのが今回のブログ内容となっています。

※コーティングすると全く洗車しなくても問題ありませんと謳った実験ではございません。
コーティングの効果の『綺麗を長く保つ』ためにはこまめなお手入れが必要です。


それでは早速今の状態を見てみましょう。
センター分けとなったボンネット。どちらがビフォーかアフターかは一目瞭然ですね。
右半分傷んだ状態でも左半分ここまで復活する可能性はあります。


1.jpg

ボンネット ビフォ

ボンネット after

洗車してみましたが水シミはなく、綺麗な状態を保てていました。
水のはじき具合を施工前と施工後で比較してみます。

p1011219.jpg


未施工部は当然痛みに痛みまくっていますので親水状態。
とはいえ親水コーティングのように水が引いていくわけではなくずっとこのままの状態です。
コーティング専門店の立場としてこの状態は非常に『キモチワルイ』笑
p1011233.jpg

p1011235.jpg


一方、左側コーティング施工済みの半分は水ハジキの状態も問題ありませんでした。
これだけ状態がいいと洗車の際の拭き上げが非常に楽になったとのお客様のお声をよく頂いております。
p1011237.jpg


決して洗車しないことを推奨するブログではありませんが、下地処理の大切さ、コーティングの効果を見ていただけるには非常に面白い実験かと思います。

今後もこのような実験的なことを記事にして皆様と共有したいと考えておりますのでこれからもリボルト熊本のブログ楽しみにされてください。


これからも当店をよろしくお願いいたします。


カーコーティング・バイクコーティングは是非リボルト熊本へ。


細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

【リボルト熊本】
〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目11-179
TEL/FAX 096-273-9137
revolt@revolt-kumamoto.com


お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ



リボルト熊本 公式インスタグラムはこちら

リボルト熊本 公式Twitterはこちら

  • Share this page: