ホンダ・オデッセイアブソルート 施工3日目【樹脂コーティング】

テーマ:

こんにちは!
ガラスコーティング専門店【リボルト熊本】 村田です。
いつも当店ブログを見て頂きありがとうございます。

現在施工途中のホンダ・オデッセイアブソルートがいよいよ佳境を迎えております。
ようやく下地工程が完了しコーティング工程へと移行しているのですが、下地工程にほぼ2日半ほど費やしました。
お預かりの4日中2日半を下地処理、残り1日半で納車準備を含めコーティング施工を考えるといかにリボルト熊本が下地処理工程を重要視しているかわかっていただけるかと思います。

『コーティングの7割は下地処理で決まる』

これは私自身この車業界・塗装業界で13年間見てきた経験値からしても肌身に感じていることであり、何よりも大切にし理解している事です。

塗膜に施工する『コーティング剤』ももちろん重要ですが、この『下地処理』に赴きを置いているコーティング専門店をお店選びの重要な目安の一つと言えます。
是非参考にされてみてください。


さて、今回は非常にお問い合わせの多い樹脂コーティングの画像をアップしたいと思います。

【カウルトップ】
一番日焼けしやすいフロントガラス下・ワイパーの根元部分の樹脂。
いわゆるカウルトップと呼ばれるところがよく白くなっているお車を見かけます。ここが白く劣化していたり汚れているとせっかくボディが綺麗でもなんだか締まりません。

今回樹脂コーティングの施行もご依頼いたのでbefore&afterを是非見てみてください。


1659411134.jpg

カウルトップ

ここが黒くなるだけでずいぶん見た目も変わります。

【ワイパーアーム】
続いてワイパー。
ずいぶん水シミが多く見受けられました。ここもケミカル用品で不純物を除去後コーティングをおこなうとここまでスッキリ致します。

ワイパー アーム

1659407723.jpg


【ドアモール】
こちらはドアモールです。
紫外線の影響で白化してしまっています。ここも下地処理とコーティングせ施工により本来の黒さを取り戻しました。

ドアも―ル ビフォ

ドアも―ル アフタ


【ドアピラー】
こちらはドアのピラー。右が施工前、左が施工後です。
劣化は少しづつ進行してしまうので普段気づかないですがいざ黒に戻ると今までの黒さが噓のようです。
ピラー アフター

最近SUV人気により多くのお車に採用されている樹脂は塗装という保護膜がないため、紫外線の影響により劣化がするスピードが速いです。
当店のコーティング剤にはUVカットの成分が含まれていますので樹脂の劣化を遅らせる効果が期待できます。
ぜひ樹脂部の白化が気になっている方は是非ご相談ください。


ほぼ施工も完了し、残るは納車準備となりました。
明日お引き渡しとなります。
G様、完成まで今しばらくお待ちくださいませ。

ホンモノを体感したければ是非リボルト熊本へ。

細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

【リボルト熊本】
〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目11-179
TEL/FAX 096-273-9137
revolt@revolt-kumamoto.com


お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ



リボルト熊本 公式インスタグラムはこちら

リボルト熊本 公式Twitterはこちら


  • Share this page: