メルセデス・ベンツ G350d 最終日【作業日誌】

テーマ:

こんにちは!ガラスコーティング専門店【リボルト熊本】村田です。
いつも当店のブログをご覧いただきましてありがとうございます。

先日ご入庫頂いたメルセデス・ベンツ G350d を綺麗にしていく工程の様子をアップしていきますのでどうぞ参考にされてみてください。

今回で最終回となります。

♦メルセデス・ベンツ G350d 現状確認 1日目【作業日誌】

♦メルセデス・ベンツ G350d 下地処理 2日目【作業日誌】

メルセデス・ベンツ G350d 下地処理 3日目【作業日誌】


前回まで徹底した下地処理を行ってまいりました。
コーティングは下地7割コーティング3割と言われるほど下地の重要性のウェイトが大きくあります。
実際4~5日お預かりする場合のうちの3日間は下地処理を行っており、それだけ大切な下地処理を徹底的に行うことでコーティング被膜自体の効果を高めていきます。

フェンダー ボンネット 比較


ボンネット比較 分割

ボンネットの処理を見て頂けるとお判りいただけるかと思います。
水垢・スケールのみに関しましてケミカル用品で除去が可能となっておりますがこうした洗車傷や使用傷は消すことができません。

こうした傷を最小限の下地処理を行い最大限の艶を引き出すことが可能な技術はリボルトグループで培われたものであり、体感してくださったお客様に大変喜んでいただいております。

親水


完璧な下地を作り上げた塗膜面は撥水状態になると思われがちですが、そうではなく極親水状態となります。

この状態がコーティングを行う過程でベストな状態です。
塗膜上面に不純物がないため、スルスルっと水が抜け落ちていく状態が理想とされています。

せっかくコーティングを行うのであれば可能な限り綺麗にしたいと感じるのはお客様はもちろん、施工する私自身も共通の想いであり少しでも喜んで頂きご満足していただけるよう日々努力しております。


それでは仕上がったメルセデス・ベンツ G350d を見ていきましょう。

ボンネット
施工前の段階より格段に艶や発色が際立っているのがわかります。

ボンネット ウインカー
フェンダー ウインカーアフター


フロントフェンダーのウインカー部も同様に見違えるように綺麗になりました。


フェンダー ダクト

フェンダーダクトも脱着した事により隙間の奥の奥までスッキリ。


ホイール ビフォ

ホイール

今回ホイールコーティングもご用命頂いておりましたので、しっかり施工させていただきました。これで汚れやすいブレーキダストのお悩みも軽減できるかと思います。


ドア 鏡面

ヘッドライト


登録から数年経過したいわゆる経年車に値するお車でもリボルト熊本にお任せいただければこれだけ手をかけ、これだけリフレッシュすることができます。

 綺麗を維持することは日々のお手入れは欠かせません。しかしこうして気づかぬ間についてしまった傷、汚れなどの除去は専門店へご相談することが結局のところ一番の近道であり、塗膜不具合の早期発見が一番の解決方法です。

ご相談内容は何でも構いません。

♦何かこの傷気になる
♦気が付いたらついてしまっていた雨ジミ気になる
♦花粉・蜂の糞・鳥の糞等、外的要因による不具合
♦洗車方法・おすすめ洗車グッズ
♦普段のお手入れ方法


などの塗膜に関すご相談なんでも承っております。
国家資格を保有するスタッフが丁寧にアドバイスいたしますので気軽にお問い合わせください。


全体

ステップ アフター

後ろ

フロント 全体
『品質』でカーコーティングショップを選ぶのであれば【リボルト熊本】へ是非、ご用命ください。


細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

【リボルト熊本】
〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目11-179
TEL/FAX 096-273-9137
revolt@revolt-kumamoto.com


お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ



リボルト熊本 公式インスタグラムはこちら

リボルト熊本 公式Twitterはこちら


  • Share this page: