大人のロードスターSLK200【作業日誌】

テーマ:コーティングに関すること

こんにちは!
【リボルト熊本】村田です。

今回は施工記録は『SLK200』のご紹介いたします。
SLK フロント

メルセデス・ベンツSLKは1997年にデビューし、こちらのモデルは初代から数えて3代目のモデルですね。ボタン一つでクーペからオープンカーに早変わりするこのフォルムはどこから見ても、何といってもただひたすら

        

    『カッコいい』


につきます。
こちらのオーナ様は大変ご自身のお車を大切にしていらっしゃって日ごろから手洗い洗車を行い、登録から七年経過しているとは思えないほど綺麗な状態でした。
しかし、前回他コーティングショップでコーティング施工を依頼したところ、あまり納得いく仕上がりではなく、今回【リボルト熊本】にご依頼いただいた運びとなります。
そんなご期待に添えますよう精一杯施工させていただきました。

今回ご用命いただきました施工内容は

・リボルトプロ・エクストリーム
・窓ガラス撥水加工(全面)

となっています。


こまめに洗車されており比較的良好な状態ではありますが、高精度LEDの下で確認すると細かなキズが見受けられます。本来の綺麗な状態を取り戻す為、丁寧な下地処理で磨いていきます。細かな傷や小さなシミを取り除く事で、塗装面の艶が増すと共にコーティングの食いつきを良くする効果があります。
水シミ ビフォ
普段使用していると、付きまとうのが水シミ。
こういった隙間によく入り込み普通の洗車では落としきれない汚れとなって固着します。
そんな隙間に溜まった汚れもしっかりと下地処理を行ったうえでガラスコーティング施工いたします。
水シミ アフター
見違えるほどスッキリしましたね。
こういった細部に行き届く繊細さがリボルト熊本の神髄です。
p1010290.jpg
ダクト ボンネット ビフォ
そしてもう一か所。SLK200にはエアダクトが配置されており、こういった形状が複雑な箇所も水シミになりやすいです。


ダクト ボンネット アフター

ダクト アフター


こんな形状でも専用ケミカルや筆、専用コンパウンドを駆使しここまでスッキリすることができます。

今回、ホイールコーティングは施工行わないのですが、専用の道具を用いて可能な限りホイール裏側まで綺麗にしていきます。
ホイール ビフォ

ここまで綺麗になると車に乗り込む時の気分が全く違いますよね!
ホイール アフター


下地処理も終わり『スッピン』のボディにリボルトでコーティングを施工することで艶、輝きも更にアップいたします。
リボルトプロ・エクストリームは3層構造になっており、艶・輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

リボルトグループでは、ボディ表面はもちろん、樹脂パーツ、メッキパーツ、ドアを開けた部分までコーティング塗布していきます。(通常の施工範囲に含まれています。カウルトップパネルのみオプションです。)
カウル パネル ビフォ

カウル パネル アフター


コーティング施工後は当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを利用し正しいセオリー通りの洗車メンテナンスを定期的にしていただくことで長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
オーナー様にお引き渡しの際、

「以前別の場所でコーティングをしてみたけど施工前と施工後の違いが正直あまりわからなかったんです。リボルト熊本さんにお願いしするとこんなに違いが分かるなんて感動しました!」
と、嬉しいお言葉を頂戴致しました。
頑張った甲斐があります。これからも大切なお車をキレイに保つお手伝いさせてください。
この度はご用命して頂きまして誠にありがとうございました。

細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

_1010391.jpg

_1010393.jpg

_1010403.jpg

_1010404.jpg


SLK
_1010420.jpg


細部に宿る『魂』と、プロの技術で『嬉しい』を。

【リボルト熊本】
〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目11-179
TEL/FAX 096-273-9137
revolt@revolt-kumamoto.com


お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ



リボルト熊本 公式インスタグラムはこちら

  • Share this page: