- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト湘南

6リッター、V12エンジンのモンスターマシン!

テーマ:コーティングに関すること

リボルト湘南のブログをご覧いただきありがとうございます。

アストンマーティン・DB9「リボルト・プロ」でご入庫いただきました。
6L、V12エンジンが搭載されたモンスターマシンです。なんといっても高音のエンジン音が車好きにたまらないですね!
DB91
施工はまず洗浄からおこない、鉄粉などの付着物を落としていきました。汚れの蓄積もなく綺麗な状態でしたが、年式が2005年式ですので、年数に応じた洗車傷や機械で磨かれた傷は見受けられました。
DB9傷

鉄粉の付着など汚れが蓄積してしまい、ざらつきのある車でもこの洗浄の段階で、ある程度すべすべになります。洗浄も下地処理をおこなう上で非常に重要な工程です。
下地処理に関しては、DB9のボディはアルミパネルを多用していますので、ただひたすら磨けばいいというわけではありません。柔らかい素材に塗られている塗装は柔らかく、傷を消そうと磨き込み、熱を加えすぎたりすると塗装を剥がしてしまうことになります。
様々な車種・塗装に触れてきた経験から磨き加減を調整し、ポリッシャー、コンパウンドの選定まで気にして作業する必要があります。
入庫時に見受けられた洗車傷や機械の磨き傷などは下地処理で問題なく除去できました。

【施工前】
DB9B1

【施工後】
DB9A1

【施工前】
DB9B2

【施工後】
DB9A2

あまりにも深い傷は再塗装が必要になるため、磨きだけでは消し切れませんが、傷が目立たなくなるだけでも「綺麗になった」と感じていただけます。

すっきりとした綺麗な塗装面を長く維持していくためにコーティングを塗布して完了となります。
「リボルト・プロ」はベースコートとトップコートの2層コーティングで、耐久性、透明度に優れ、リボルト最上級のコーティングコースになります。無溶剤・硬化型のベースコートは念入りな下地処理と組み合わせることで、本来の効果を発揮するため「リボルト・プロ」のみで使用できるコーティング剤となっています。
新車でも中古車でも施工前と施工後の違いをはっきりと感じていただけるはずです。
コーティングを検討中の方はお気軽にお問い合わせください。
DB92
DB93
DB94
DB95
DB96

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ガラスコーティング専門ショップ リボルト湘南
TEL&FAX:0466-26-9300
MAIL:radiusshonan@yahoo.co.jp
お問い合わせフォームはこちら