- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト湘南

えっ?なんで?気付けば茶色い点々が・・・。

テーマ:コーティングに関すること

「洗車をしてもボディがザラザラしてる」という経験をしたオーナーさんは結構いらっしゃると思います。
白いボディですとさらに茶色い点々が目立ってくることもあります。お車を使用していると鉄粉以外の付着物もございますが、茶色い点々は鉄粉によるものです。

鉄粉はその名のとおり鉄の粉ですので、常に空気中にふわふわと浮遊しているほど軽いものではありません。

ボディに鉄粉が付着するメカニズムとしては、車のブレーキや電車の車輪、工事現場、鉄工所などで発生し、車や電車が走行することで路面に落ちている鉄粉が一瞬空気中に巻き上げられ、そこを車が走ることでボディに付着するということになります。
ただこの走行中に付着するケースは、「付着」というより「刺さる」という表現のほうが正しいかもしれません。

鉄粉自体は非常に小さいものですが、その小さな粉からサビ汁が滲み出すことで鉄粉の周辺が茶色くなり、目立ってきてしまいますので定期的なメンテンスで除去をすることをおすすめします。

さて、鉄粉の説明が長くなりましたが、今回ご入庫いただきましたお車は鉄粉除去&コーティング施工もご依頼でした。

ただこの鉄粉が付着した原因というのが、通常走行によるものではなく、自宅の工事によるもので、足場などの金属物から降り注いだものだったのです。
カンカン、キンキンと作業をしていれば気付かないうちに予想以上の鉄粉が発生してしまうようです。

下の画像は施工前ですが、遠目で見ると一見綺麗に見えます。
S2000

よく見てみると。
S2000-2
S2000-3
画像はほんの一部ですが、かなりの数の鉄粉がボディ全体的に付着しておりました。(赤い丸の中が鉄粉です)

駐車場が線路沿い、トラックも多く走る幹線道路沿いなどであれば通常使用でも鉄粉の付着は多めではありますが、今回のような工事業者さんによる鉄粉の飛散も有り得ることなのです。
工事業者さんにボディカバーをかけてもらうことが鉄粉を防ぐ最良の手段だと思います。

車は様々な環境下に置かれますので、「まさかこんなことになるとは・・・」ということが実際には起きてしまいますのでお気をつけください。

鉄粉除去とガラスコーティング「リボルト・プロ」をしっかりと施工してお引き渡しいたしました。

鉄粉被害、塗装ミスト被害の除去も承っております。
万が一の際はご相談ください。