- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト湘南

板金塗装後はさらなる輝きを!

テーマ:コーティングに関すること

当店にて「リボルト・プロ」を施工されているお客様ですが、この度ボンネット、フェンダーなどパネル交換および塗装をされたため再コーティングでご来店いただきました。
お車は、スズキ・ジムニーになります。

板金塗装が完了したらそれで終わりという方ももちろんいると思いますが、板金塗装のみで終わりにするか、コーティングまで施工するかによって美観がかなり左右されます。

入庫後、塗装箇所を確認してみますと塗装後のブツ取りなどで磨かれた傷が無数に存在し、オーロラマークとなって現れていました。
ジムニーB1
ジムニーB2

当店の経験上、塗装後の状態は下地処理を再度おこなわなければ本来のボディカラーが十分に引き出されていないことが多いです。
「塗装したけど傷がすごいので、除去をお願いします」というご依頼も来るほどです。
クオリティを重視されるオーナーさんは、塗装後はもう一手間かけてあげるとより綺麗になると思っていただいたほうがいいと思います。
せっかく塗装したのに傷だらけでは見た目にも良くなくもったいないですしね。

適切な下地処理をおこない、傷が除去されたことで美しい塗装面へと蘇りました。
ジムニーA1
ジムニーA2

もちろん最終的にはコーティングを塗布して塗装面を保護しております。
ジムニー1
ジムニー2

お引渡しの際はオーナー様にもご満足いただけました。

塗装後のボディ状態が気になるオーナー様、ご相談はお気軽にどうぞ。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ガラスコーティング専門ショップ リボルト湘南
TEL&FAX:0466-26-9300
MAIL:radiusshonan@yahoo.co.jp
お問い合わせフォームはこちら