- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト静岡

クレイジーな男を見つけました / リボルト・プロ硬化テスト

テーマ:スタッフのつぶやき

リボルト静岡店主の櫻井です。
当リボルトグループの沖縄店ブログにて
面白い記事がアップされていたのでちょっとご紹介します。

リボルト沖縄店の店主とは仲が良く、色々と話を伺うことも多いのですが、

この方・・・

コーティングに対する情熱や、仕事への意識の高さがハンパなく、
前々から薄々思ってはいましたが、


===============
やっぱりクレイジーでした(笑)
===============


と言いますのも、下記のリンク先で紹介しているコーティング剤の硬化テストの記事。

普通はやりませんよ

そんなに分厚く(笑)

私も改めて驚きました・・・
”低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」の凄さに”


これがどれだけすごい事なのかを補足しますと、
従来型の硬化型タイプでは、0.5ミクロン程度と言われていたガラスコーティング。
「リボルト・プロ」はその5~6倍となる3~4ミクロンのガラス被膜を塗装面に形成させます。

ただミクロンって聞いてもあまりピンときませんよね?
なにせ、1ミクロンが0.001ミリなんですから。
ただこれが、塗装やコーティングの世界となれば話は別です。

私も過去に様々なコーティング剤を使って硬化テストを行った事があります。
硬化タイプとうたっていても、

 ・硬化しない(固まらない)
 ・暖めると蒸発して粉のようになってしまう
 ・硬化しても被膜が薄くすぐ割れてしまう

こういった例を多く見てきました。
最近は、被膜をレイヤー化し、
何層にもわたって重ねていくコーティングも目にするようになりましたが、(3層とか5層とかですね)
この記事の凄い所は、溶剤自体を流し込んだだけで、
この分厚さを作れてしまっていることです。


===========
しかも常温硬化の状態で
===========


これは”純度の高いガラス濃度でなくてはまず不可能”です。

もちろんこんなに厚く塗装面に形成してしまうと、
透明度や不純物の発生といった問題もありますので、
あくまで実験の範囲にはなってしまいますが・・・


「リボルト・プロ」のスペックおそるべしです!!
http://revoltokinawa.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

280310-01b.jpg

追伸:
また彼がクレイジーな検証テストを行っていましたら、ご紹介したいと思います。


【REVOLT SHIZUOKA/リボルト静岡】
〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5-29-8
TEL :054-266-5807
FAX :054-266-5807
MAIL:revolt@revolt-shizuoka.com
http://www.revolt-shizuoka.com/
クレイジーな男