- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト静岡

BMW アルマイトモールくすみ除去

テーマ:アルマイトモール・ルーフレール研磨

メルセデスベンツ・BMW・アウディ・フォルクスワーゲン・・・・
欧州車にお乗りの方でドアモールやルーフレールのシミ、くすみにお困りの方は多いのではないかと思います。今回は新車登録から約2年程経過したBMWのドアモールの施工例をご紹介致します。

260710-9b.jpg

上記写真のように窓ガラス周辺に使用されているドアモール。
国産車と欧州車とでは同じような見た目でも素材・加工の違いからその特性も異なってきます。
それぞれメリット・デメリットがありますのでメーカーごとの考え方によるものかと思いますが、
欧州車の場合、私が数多くの車両を見てきた限りでは、
いずれも水シミ・くすみの影響が避けれないのが現状かと思います。

青空駐車であれば1年も経たずに取れない頑固なくすみが生じ、
塗装面はまだ綺麗なのにモールがくすみ、
全体のクオリティを下げてしまっているケースも珍しくありません。


カーディーラーにご相談をされても・・・
そしてこのモールに付着してしまう水シミ・くすみは、
簡単に除去する事が難しい程、素材に染み込むように固着してしまいます。
同様の症状にお悩みのオーナー様から色々なお話を頂きますが、
カーディーラー様にご相談をされても、

「この症状に関しては仕方がないです。」

と説明されてしまうのがほとんどのようです。

当店ではこのようなドアモールの水シミ・くすみもご対応致しております。
重度の痛みは除去が難しいケースもございますので、
症状が見られてきましたら早めの除去と保護を目的として
コーティングを施すのが望ましいかと思います。

まずは周辺をマスキングし下準備。

260710-10b.jpg

使用する機材・溶剤を組み合わせじっくり時間をかけて除去を行いますと、
新品のようなクリアな状態に蘇ります。
施工方法は企業秘密となりますので悪しからず。。。
下記写真は半分だけ磨いておりますが、その違いは一目瞭然です。

260710-11b.jpg

さらに磨きを進めていけば、ご覧の通り完全復活です。

260710-15b.jpg

260710-12b.jpg

260710-13_20141129114929328b.jpg

260710-14_20141129115000dc4b.jpg

写真で見るだけでは案外簡単?

と思われてしまいますが、

”しっかりとしたノウハウがなければ、なにをやっても綺麗にならない。”

のがこの欧州車のドアモールの怖い所です。
クリアなモールに蘇った後はボディと同様に、
高濃度・低分子完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」によるコートを施します。
緻密な低分子構造となるコーティング剤がモールを包み込み、飛躍的に耐久性が向上致します。
もちろんコーティング後は一段と輝きも増し加わります。

欧州車のドアモール・ルーフモールの水シミ・くすみにお困りの方は是非一度ご相談下さい。


■美観を高める重要パーツ/欧州車編
施工メニュー:アルマイトモール研磨&コーティング


【REVOLT SHIZUOKA/リボルト静岡】
〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5-29-8
TEL :054-266-5807
FAX :054-266-5807
MAIL:revolt@revolt-shizuoka.com
http://www.revolt-shizuoka.com/
アルマイトモール・ルーフレール研磨