- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト静岡

負けられない戦いがそこにある

テーマ:ヘッドライトポリッシュ&コーティング

サッカーW杯テーマソング、クエスチョン・オブ・オナーが頭に流れ、
負けられない戦いが「”あるんです!”」
川平慈英さんの決めゼリフが聞こえてくる。

リボルト静岡、大事な一戦を迎えました。


迎え撃つ相手は強敵、
黄ばみに包まれたヘッドライト。

281223-1.jpg

しかし、今回の敵は、

それだけでは・・・ないんです!!


逆サイドを見ると、
まさかの「新品部品交換済みヘッドライト」なる
最強のディフェンダーが立ち塞がっていたのです。

281223-10.jpg

281223-2.jpg

詳細は省きますが、
片側のみ新品に交換をされた結果、
元々黄ばみが生じていたレンズとの対照的な姿に、
少しでも綺麗にしてこの差が縮まらないかとご相談を頂きました。

さすがにこの差を埋めることが出来るかどうか・・・
やれるだけ全力でやってみます。
と、気合を入れ、
ヘッドライトポリッシュ&コーティング】施工に挑むこととなりました。


まずはハードポリッシュにて、劣化したハードコート層と表面の調整作業。
281223-3.jpg

経年劣化により作業中は黄ばんだ汚れがドロドロと流れ出てきます。
段階的に研磨レベルを変更し、クリアな仕上がりを目指していきます。

281223-4.jpg

281223-5.jpg

磨いては反対側のレンズを凝視し、また磨いては見比べる。
新品レンズに負けてたまるかぁ~~
この時ばかりはホントに叫んでいました(笑)

そしてようやく形になった姿がこちら

281223-7.jpg

281223-6.jpg

ライトを点灯し、乱反射の最終チェック。
作業前の状態と比較してみますと、、、

281223-11.jpg

281223-12.jpg

「くぅぅぅ~~~!」

川平慈英さん風にガッツポーズを決めたのは言うまでもありません。


黄ばみが酷い状態ですとライトの光量が不足し、
夜間走行に支障が生じることがある程です。
国産車・輸入車・状態の違いでレンズの痛み方も様々で、全ての車両が改善出来る。
というワケではございませんが、同様にお困りの方は一度ご相談下さいませ。

施工メニュー ヘッドライトポリッシュ&コーティング


※追伸
年内コーティング施工の受付はご好評につき、締切となりました。
「キャンセル待ちでもいいよ!」
「年明けでいいからコーティングしたい!」
そんな温かいお言葉を頂けるお客様には、
お得なサービスをご案内しちゃうかもしれませんっ。
リボルト静岡の”熱意”をたっぷりとコーティングに込めさせて頂きます!

キャンセル枠や来年施工枠のお知らせを、いち早くお届け致しますので
コーティングをご検討中のお客様は是非一度お問い合わせください。
【お問い合わせフォーム】
http://www.revolt-shizuoka.com/contact/


【REVOLT SHIZUOKA/リボルト静岡】
〒420-0068 静岡県静岡市葵区田町5-29-8
TEL :054-266-5807
FAX :054-266-5807
MAIL:revolt@revolt-shizuoka.com
http://www.revolt-shizuoka.com/