- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト仙台

今日もブラックが蘇る。

テーマ:コーティングに関すること

本日、「ヴェゼル」のコーティングが完了致しました。
2015年式で約3年が経過した車両になります。
3年も経てば車のボディーは洗車傷や雨染みなどが付いて来るものです。
それが濃色車であればあるほど目立ち気になるのものです。

今回のヴェゼルはボディーカラーがブラックですので特に傷とシミが目立って見えます。
まぁ、ある意味「黒い車の宿命」的な部分はあるのですが、それでも、綺麗に越した事は無い!
ってな訳で、本日もご覧いただきたいと思います。

先ずは下地処理前のボンネットです。
ヴェゼル施工前-1
ヴェゼル施工前-2月
ヴェゼル施工前-3
ヴェゼル施工前-45%

いかがですか?傷とシミで照明が曇って見えますね。
次に下地処理後です。

ヴェゼル磨き後-1
ヴェゼル磨き後-2

傷とシミをほとんど消しました。
これだけ綺麗になっているにも関わらず、最低限の磨きですので塗装膜厚はほとんど変わっていません。しかも、オーロラと呼ばれる磨き傷は一切ありません。
そして、最後に「リボルト・プロ」のコーティング完了後の画像をご覧いただきましょう。

ヴェゼルコーティング後-1
ヴェゼルコーティング後-2
ヴェゼルコーティング後-3
ヴェゼルコーティング後-4
ヴェゼルコーティング後-5

眩しいくらいにピカピカです!
こうして今日もまた1台のブラックが蘇りました。

ヴェゼルコーティング後-11