- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト札幌

スクラッチシールドにRevolt Adjust Systemを施す。

テーマ:コーティングに関すること

現在、【リボルト札幌】では、リボルトライト(ノンポリッシュ)新車コースをお正月特価にて予約受付中です。詳しくは、ホームページ内トピックスコーナーを御覧下さい。

日産スカイラインのガラスコーティング作業もオプションのホイールコーティング・窓ガラス撥水加工が終わり、いよいよ高度な下地処理(Revolt Adjust System)へと進みます。【リボルト札幌】です。

350GT 031

こちらのスカイラインは、ドアハンドルおよびサイドシルを除く、車体塗装部位にスクラッチシールドという塗装が施されております。

まず、いつもの作業手順通り計測器を使用してボディ各部の塗装膜厚測定を行います。

350GT 032

350GT 033

メーカーによりますと、「洗車による擦り傷や日常でのひっかき傷程度であれば、時間の経過とともにほぼ元の状態に復元します。」という事で御座います。

それでは、ボディ各部の状態を確認してみましょう。

350GT 034

350GT 035

350GT 036

350GT 038

どんな車でも少なからずキズは御座います。

下の写真では、右側オレンジ色LED照明部分のみ下地処理してみました。左側のLED照明に比べて乱反射も無くなりスッキリし輪郭もクッキリとしております。

350GT 044

350GT 039

それでは、もう少しはっきりとした違いの判るRevolt Adjust system施工前(Before)と施工後(After)をご覧ください。

施工前(Before)
350GT 040

Revolt Adjust System施工後(After)
350GT 041

施工前(Before)
350GT 042

Revolt Adjust System施工後(After)
350GT 043

この様にほんの一部分のみご覧いただきましたが、ボディ各部にRevolt Adjust Systemを施すことによって新車でも明確に差が出ます。

ハイクオリティ・ガラスコーティング「リボルト・プロ」完成までもう少しお待ちください。

REVOLTグループ
ガラスコーティングショップ【リボルト札幌】
TEL:0133-62-9224 FAX:0133-62-9224
〒061-3206 北海道石狩市花川南6条3丁目78