- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト埼玉北

トヨタ・クラウンのガラスコーティング【施工事例】

テーマ:施工事例

【リボルト埼玉北】のブログをご覧いただきありがとうございます。

トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリーG の施工事例です。
クラウン-1

メーカー:トヨタ
車種:トヨタ クラウン ハイブリッド アスリート G
登録:2014年度
色:プレシャスブラックパール〈219〉

【施工内容】
・ガラスコーティング(リボルト・プロ)
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング


今回のお車、2014年式の14代目クラウンになります。2012年12月に発売された14代目クラウンのキャッチコピーは「CROWN Re BORN」歴代最大の進化を遂げたモデルではないでしょうか。

さて今回のお車は、昨年の年末に店舗見学に来られたお客様が、3ケ月越しのオファーが実り今回のご依頼となりました。ありがとうございます。とても程度が良いお車ですが、当店自慢の高輝度LED照明にてボディチェックをしますと、スクラッチ傷や雨染みが見受けられました。またオーナー様は、線キズやサンルーフの染みなども気になされておられました。オプションでご依頼頂いた「窓ガラス撥水加工」から作業を行います。フロントとリアガラスはウロコが多く専用の機械にて除去を行いました。またサンルーフも丁寧に染みを取り除きました。窓ガラスが綺麗だと、とってもスッキリした印象になります。

次に行うのが下地処理です。鉄粉除去を行った後に磨きを進めてまいります。今回のお車の色は、ブラックパール〈219〉になります。丁寧に磨いてまいりますと、パール色の輝きがソリッドブラックとは違い、ひと味違う輝きを演出してくれます。リボルトグループの下地処理技術【Revolt Adjust System】を駆使し、ボディに極力負担を与えずに磨いてまいります。細かなキズも消え、ブラック本来の艶と輝きを引き出し、曇りも解消しスッキリしたボディになりました。

次に行うのがコーティング作業です。ご用命の【リボルト・プロ】はリボルトグループ最上位のコーティング剤(濃度100%・無溶剤)となっております。リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は約2~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。下地処理で磨いた以上の膜厚を確保し、耐久性やボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たします。2層目の【トップコート】にはベースコートと同じく紫外線軽減(UVカット)効果があり、塗装の劣化を防ぎます。またベースコート(ガラス被膜)を守る効果もあり、長期間にわたり紫外線や汚れからもボディを守り続けます。

施工後はブラックパールの独特な輝きが増し、一段と高級感が増しました。引き渡し時に来られたお客様は『満足』頂く事ができました。最高の駐車環境にてお車を保管しておられるお客様ですが、当店からお渡しております【メンテナンスキット】を利用して正しく洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

メンテナンス時期になりましたらハガキにてお知らせさせて頂きます。
この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。


▼トヨタ クラウンの作業風景ブログはこちらよりご覧下さい
・ご入庫【作業日誌
・下地処理【作業日誌】1日目
・下地処理【作業日誌】2日目
・コーティング作業【作業日誌】最終日


▼トヨタ クラウンの「独特な艶」のYouTube動画をご覧下さい


クラウン-1
クラウン-2
クラウン-3
クラウン-4
クラウン-5
クラウン-6
クラウン-7
クラウン-8
クラウン-9
クラウン-10
クラウン-11
クラウン-12
クラウン-13
クラウン-14
クラウン-15


ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245

リボルト埼玉北の【ホームページはこちら】からどうぞ

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

▼REVOLT/リボルトPV