- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト埼玉北

ダイハツ・タント カスタムのガラスコーティング【施工事例】

テーマ:施工事例

【リボルト埼玉北】のブログをご覧いただきありがとうございます。

ダイハツ・タント カスタムRSの施工事例です。
タント-1


【施工内容】
・ガラスコーティング(リボルト・ライト)
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング(リボルト)

女性のお客様より軽自動車のご依頼をいただきました。お車は「軽スーパーハイトワゴン」と呼ばれる激戦カテゴリーで常に販売上位に君臨するタントです。2013年に初登場し、現在は2019年の4代目となっております。今回のお車は3代目のタント カスタムRSになります。「使い勝手の良さを追求する」をコンセプトにスーパーハイトワゴンのパイオニアとして君臨するタント。軽自動車は「セカンドカー」としてのイメージを一新、世帯の「ファーストカー」としてのキャラクターを確立しました。最大の特徴は、助手席側の前席と後席の間のセンターピラーをなくし、スライドドアを開けると、圧倒的な解放感と乗降性を確保できる「ミラクルオープンドア」です。タントカスタムのターボエンジンは低回転からターボが効いて余裕の走りを体感できます。また外観デザインはカスタム専用の大型バンパーやグリルが存在感を増し、夜間にはヘッドライトを結ぶLEDイルミネーションがとても際立ちます。リアには大型のルーフスポイラーやアルミホイールが標準装備されます。差別化を図りたい方は”カスタム”一択ではないでしょうか。

さて、今回お預かりしたお車は5年前の経年車でした。中古車でご購入後にすぐにご入庫いただき「今後の洗車を楽にしたい」とのご希望でした。予算もなるべく抑えたいとの事で「リボルト・ライト」をご用命いただきました。リボルト・ライトは、リーズナブルに価格設定したガラスコーティングコースです。ボディ塗装への下地処理(磨き)につきましては、上位コースである「リボルト・プロ」や「リボルト」に比較して、作業工程を簡略化し、ガラス被膜が定着するに最低限の状態を確保しております。比較的コンディションが良いお車で、”専門店でリーズナブルにガラスコーティングをしたい”お客様には最適なコースとなっております。

コーティングには「リボルト・プロ」と「リボルト」で使用するトップコート(1層)のみのコーティングとなります。リーズナブルでありますが、決してクオリティが低いわけではなく、他社コーティングショップでの仕上がりと比較しても大きく劣るところはありません。また、コーティング被膜は、石油系溶剤を含まない環境対応品ですので、酸化劣化することなく長期間コーティング効果を維持可能です。

トップコート(1層)には、紫外線軽減(UVカット)効果があり、長期間にわたり紫外線からもボディを守り続けます。駐車環境にもよりますが、青空駐車のお車は紫外線による劣化をはじめ、鳥糞や酸性雨などの汚れが塗装面に付着します。また、当店からお渡しする”メンテナンスリキッド”には含有される紫外線軽減効果と同様の効果がありますので、繰り返し継続してお使い頂く事で、ボディから長期間にわたり紫外線対策が可能になります。

施工後は、迫力のカスタムボディを一層引き立て高級感が増しました。引き渡し時に来られたお客様はとても喜ばれておりました。コーティング後のお車は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しく洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。


タント-1
タント-2
タント-3
タント-4
タント-5
タント-6
タント-7
タント-8
タント-9
タント-10
タント-11


ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245
https://www.revolt-saitama-kita.com/
revolt@revolt-saitama-kita.com

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ