- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト大阪北

カワサキ ニンジャ 650

テーマ:施工事例・ギャラリー

カワサキ ニンジャ 650 の施工事例です

ninja 1

バイク ガラスコーティング

日本国内市場に、ニンジャ 650という名称のモデルが初めて投入されたのは、2017年5月発売のニンジャ 650 ABSからでしたが、海外向けモデルとしては、それ以前から存在していました。
パラレルツイン(並列2気筒)エンジンを搭載し、欧州でER-6と呼ばれていたミドルクラスシリーズのフルカウルモデル「ER-6f」が北米市場などではニンジャ 650(ニンジャ 650R)の名前で呼ばれていたからでした。

鋼管フレームに、レイダウン&オフセットされたリアショックが特徴的だったニンジャ 650は、2012年に登場し、2016年モデルまで、基本的には同年式のER-6fと同一車種でありました。

2017年にモデルチェンジされ、日本向けのラインナップにも加えられたニンジャ 650は、ER-6シリーズ時代のイメージを一新し、同時代のニンジャシリーズに共通した、エッジの効いたシャープなデザインが与えられました。
フレームも新しいトレリスタイプになっており、そのフレームに搭載されるエンジンは、649ccの水冷並列2気筒DOHC4バルブユニットで、これは前身モデルの流れをくむものでした。
同時にネイキッドタイプのZ650も登場し、ともにETC車載器を標準搭載しておりました。

2018年モデルからは車名のABS表記が外され、2019年10月、欧米仕様の2020年モデルが公開されました。
新しくなったフロントフェアリングは、ニンジャ ZX-6Rに近いイメージとなり、LEDヘッドライトやフルTFT液晶メーターなどが採用され、その仕様変更モデルは、そのままの形で日本でも2020年2月から販売されました。

今回はその「ファン・スタイル・イージー」をコンセプトに一般ライダーでも楽しく使い切れるスーパーバイクとして人気を集めているカワサキ ニンジャ 650に、ガラスコーティングを施工させていただきました。

こちらのお客様の車両は、新車でご購入され、ご納車されてから数日後に当店のほうにお持ち込みいただいた車両でございます。

バイクコーティングに関しては、まず最初に磨き作業による下地処理を行います。
バイクの下地処理に関しては、塗装されている部分であればポリッシャー・手磨きによる作業ができますし、新車であっても塗装がくすんで見える車両は非常に多いので、この下地処理によって仕上がりが大きく変わってきます。

下地処理後は、完全硬化型のガラス被膜【リボルト・プロ ベースコート】と紫外線軽減効果のあるガラス繊維素【トップコート】による2層型のコーティング施工を実施して、仕上げていきます。
これにより、新車以上の艶・輝きを手に入れることができ、また紫外線による塗装の劣化を軽減させることができます。
バイクの塗装に関しては、クルマと比べると塗装の厚みが非常に薄いので、バイクをキレイな状態で長く所有されたいお客様には、ガラスコーティング施工は効果的であると思います。

コーティング施工箇所については、タンクやカウル、フェンダーやホイールなど施工できる部分は施工させていただきます。
ちなみにオプション施工となる部分は、サイドケース、トップケース、シート、サイドミラー撥水加工となっており、今回はシートコーティングを一緒に施工させていただきました。

シートコーティングは、施工することによって汚れが付きにくく、傷・擦れにも強くなりますので、シートも美しい状態を維持したい方には非常にオススメです。
特に新車時に施工するのが一番良いです。

シートコーティングについての詳しい内容は、シートコーティングの紹介ページに動画が載っておりますので、是非ご覧ください。

さまざまなバイクのコーティングを承っておりますので、是非お問い合わせください!

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました!
またのお越しをお待ちしております!

ninja 3ninja 4ninja 14ninja 9ninja 7ninja 12ninja 10ninja 13

【リボルト大阪北】
〒562-0027 大阪府箕面市石丸2-18-4
TEL:072-739-8880 FAX:072-739-8881
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)
https://www.revolt-osaka-kita.com/
revolt@revolt-osaka-kita.com