- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト沖縄

建築用外壁塗装・ペンキ被害!その後の対応はどうしたらいいの?

テーマ:悩めるオーナー様の車両

【悩めるオーナー様の車両】

年に数件、建築用外壁塗装ペンキ除去の依頼を頂く事があります。

住宅やアパート等の外壁塗装工事の際に
その塗装やペンキ・ミストが近くに止めてある
車両にかかってしまうという事例でございます。

黒の車に白いペンキだとすぐに気付くかと思いますが
白の車に白のペンキだと意外と気付かないものです。その逆もあり得ます。

近くで外壁塗装工事が行われていると注意が必要かと思われます。
こまめに愛車のチェックをして下さい。(工事が終わるまで)


外壁塗装ペンキ被害を受けてしまった車両です。
大きいペンキのみマーキングをしておりますが
実際には、こまかなペンキが車両全体に被っております。

img_5134310207.jpg

img_5131310207.jpg

img_5132310207.jpg


さて被害を受けてしまったら、どうしたらいいのでしょうか!


まず愛車の塗装面にペンキが付着している事が確認できましたら
外壁塗装工事をされている作業員に声をかけて下さい。

使われているペンキと付着したペンキの照合確認をします。
使われているペンキだと判定がでましたら
工事を受け持つ会社の損害保険にて対応してくれる事が一般的です。

ここで1つ注意、工事期間中である事が前提です。


建設会社が被害を認めてくれますと、当店にご連絡下さい。

ペンキ除去・塗装磨き・再コーティングのお見積りを出します。
その後は当店が建設会社または保険会社との、やりとりすべてをおこないます。

ご入庫日が確定した段階で修理期間中はレンタカーをご用意いたします。
もちろんレンタカー費用も損害保険にて対応です。


img_5141310207.jpg


コーティング施工車でありますと、再コーティングが認められます。

耐久年数5年のコーティングであれば、コーティングした日から5年以内の被害である事!
耐久年数1年のコーティングであれば、コーティングした日から1年以内の被害である事!

コーティング未施工車の場合はペンキ除去と塗装の磨きのみとなります。


当店のお客様でコーティング施工車両に
今回被害が出てしまいましたので
ペンキ除去・塗装磨き・再コーティングと作業をおこないました。

ペンキをすべて除去する作業は、本当に大変でありますが
綺麗に回復できました。

img_5163310207.jpg

img_5164310207.jpg

img_5174310207.jpg


このような被害を受けてしまわれたオーナー様、ご連絡下さいませ。
分かりやすく丁寧にご説明、誘導いたします。


ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから