- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト沖縄

守る目的の養生が逆に痛める事もある!マスキングの注意点

テーマ:新車コーティングのイロハ

こんにちは「リボルト沖縄:店主の照屋です」

さて今回の話はコーティング工程の作業の1つであります

「マスキング養生」について触れてみましょう!

img_8405300712.jpg

過去のブログ記事にも書いてありましたが参考までに!
「マスキングの重要性と落とし穴」


マスキング養生は、塗装面を磨く際に

「汚してはいけない」又は「キズつけてはいけない」

箇所や部分をマスキングテープを使用し
パーツを保護する目的でおこないます。

特にゴムモールや樹脂パーツを主に養生する事が多いです。

お客様の大切なお車でありますので、重要な作業であります。


【新車コーティング】
img_8188300711.jpg


ここで問題となるのが

なんでもかんでも養生して、マスキングで埋め尽くせば
いいと言う事でもありません。

ゴムモールにも数種類の素材が使用されており
柔らかいゴムモール、硬いゴムモール、
使用される箇所によって役目が異なります。

樹脂パーツにも同じような事が言えます。


では何が問題かと申しますと

ゴムモールや樹脂パーツにはマスキングテープを張る事によって
その素材を痛めてしまう事があるという事です。

張る事、自体には問題ありませんが
剥がす時に問題がおこります。

パーツの素材をコーティングしている層が
マスキングテープを剥がす時に一緒に剥がれ
見栄えや光沢感がなくなってしまいテープ跡が残ったような模様がついてしまいます。

コーティングに出して塗装面は綺麗になっても
ゴムモールや樹脂パーツを痛めてしまっては意味がありません。


でも養生しなくてはならない!それではどうするか?

「直接パーツに張らない事で問題を回避します」

img_8184300711.jpg

チラシをパーツの大きさに切って被せ、その上から養生します。
この作業は本当に地味で、結構大変なのですが

時間がかかっても「やる必要があります」


当店では「ノーミス」をスローガンに掲げ
1台1台、クオリティーを求め作業しております。

努力の甲斐あって、ゴムモールも無事に綺麗なままであります。

img_8402300712.jpg

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから