- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト岡崎

往年の名車。トヨタフラッグシップスポーツカーのご入庫です。

テーマ:施工ギャラリー

こんにちは。
リボルト岡崎の月野です。

当店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

トヨタ・スープラ(ブルーイッシュグレーメタリック)のご依頼です。

施工コース
------------------------------------------------------
 ・ボディーコーティング「リボルト・プロ」
 ・ホイールコーティング「リボルト・プロ」
------------------------------------------------------


今回ご入庫いただきましたのは、トヨタが誇る名スポーツカー、スープラの中でも2世代前のモデルになります。懐かしむ方もいらっしゃると思います。

1986年に登場した3代目から、先代の「セリカ XX(ダブルエックス)」の名が廃止され、現在の「スープラ」の名が与えられました。

型番のA70型から取った「ナナマルスープラ」の愛称で親しまれていたようです。

そのピュアポーツカーは一部のコアなユーザーから今もなお支持されており、歴代の程度の良い個体を探し求めているようです。

現在、トヨタとBMWとの共同開発の下、17年ぶりに復活を遂げた最新技術が詰め込まれた現代版スープラが世界的に注目された一方で、歴代スープラは今後ますます希少価値の高まった一台となることでしょう。


さて、こちらのスープラは後期型の最上級グレード「2.5GT」。

オーナー様は購入後、 全塗装 までされて、満を辞してこの度当店へご依頼いただきました。

誠にありがとうございます。

30年以上経過したスープラを見ていきますと、塗装部分以外は流石に年季が入っており、ウィンカーレンズ、ゴムモール等の傷や剥がれ、ドアの開閉や、室内の各種スイッチ類の操作まで動かす際にも至るところに気を使いながらの施工でした。

十分に気を配りながら下地処理、研磨工程を進めていきました。

徹底された施工環境の下、施工者は落ち着いた作業ができ、一台一台品質は常に安定しております。

今回はあらかじめ全塗装されてご入庫いただきましたので膜厚は必要十分で、研磨・コーティング施工は特には問題ありませんでしたが、コーティング施工はやはり塗装状態に依存されますので、年代物の場合一度ご相談下さいませ。

途中経過が抜けましたが、早速仕上がったスープラを見ていきましょう!

20200623_1.jpg

20200623_2.jpg

20200623_3.jpg

20200623_4.jpg

20200623_5.jpg

20200623_6.jpg

20200623_7.jpg


ガラス濃度100%・完全硬化型のリボルト・プロにより一枚のガラスを全身にまとい完成されたグレーメタリックの往年のスープラは味わい深く渋さを増した一台となりました。
劣化が目立つ未塗装パーツも黒さを取り戻してかなり全体が引き締まりました。

お渡ししたメンテナンスキットを使い、セオリー通りのメンテナンスにより、長く美しさを維持できると思います。

いつまでの愛着のある車でありますようこれからもサポートさせていただきます。


メールでのお見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

===============================
REVOLTグループ
ガラスコーティングショップ【リボルト岡崎】
〒444-0069 愛知県岡崎市井田新町7-9
TEL: 0564-64-5005
MAIL: revolt@revolt-okazaki.com