- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト岡崎

【必見】新車 輸入車の塗装状態

テーマ:コーティングに関すること

こんにちは。
リボルト岡崎の菅原です。
 
当店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。


輸入車の塗装状態についてです。
=======================
輸入車は、オーナー様のもとに納車されるまで少なくとも3ヶ月はかかります。

輸送中についてしまったであろうスクラッチキズ、ルーフにはボディを傷や汚れから守るためにラップガードという保護シートの跡などがある場合があります。

20191222_1.jpg

20191222_2.jpg

20191222_3.jpg


輸入車は、国産車よりも多くのダメージをおっている傾向にあります。


塗装本来の美観をあげるためには、下地処理は欠かせません。


ここで重要となるのが、
オリジナルの塗装を大切にした下地処理を行うということです。

下地処理は闇雲に磨けばいいというものではなく、各パーツごとの塗装状態、膜厚を把握しながら、
最小限の磨きによって、塗装本来の質感をレベルアップさせます。

これを可能にしているのが、
リボルトグループ独自の下地処理技術【Revolt Adjust System】になります。

img_5446.jpg



ご見学大歓迎です!!


メールでのお見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから



 
===============================
REVOLTグループ
ガラスコーティングショップ【リボルト岡崎】
〒444-0069 愛知県岡崎市井田新町7-9
TEL: 0564-64-5005
MAIL: revolt@revolt-okazaki.com