- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト岡崎

愛車の膜厚ご存知ですか?

テーマ:コーティング、下地処理など

こんにちは、
リボルト岡崎の菅原です。
 
当店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。


先日ご来店頂きましたお客様より、
「新車でも塗装を削るんですか?」と質問がありました。

「磨き=塗装を削る」ということに抵抗のある方もいらっしゃると思います。


新車磨きの目的は、
塗装面を整え、コーティングの定着を良くするため。

その他にも、
納車までについてしまったダメージ、塗装の曇りの除去などがあります。


それでは、
コーティングの下地処理で、どれくらいの量を研磨しているのでしょう?




ここからが大切です。
===================

今までに愛車の膜厚について聞いたことありますか?
大半の方がないと思います。

なぜなら、測定していないからです。

従来の磨きは、
「いかに車を綺麗に仕上げる」かというが目的でした。

膜厚を意識しない磨きしていたということです。


現在の磨きは、
磨きによって生じるダメージを抑えつつ、いかに綺麗に仕上げるか。


これは、
車の買い替え年数が伸びているのが理由です。
今は、平均8.5年だそうです。
車の技術が上がり、壊れにくくなったため、長く乗れるからです。


膜厚には限りがあります。
磨ける量は、約20μmと言われています。※メーカーによって異なりますが。


-----------------------
例えば、
1回の磨きで、5μmの研磨

これを2年毎に磨きをしていたら、
2年×4回=8年
(5μm×4回=20μm)

平均買い替え時期よりも前に塗装に限界がきます。
------------------------


膜厚を意識しないでむやみやたらに磨いていたら、あっという間に限界がきてしまいます。

膜厚を意識した磨きこそが、現在の磨きです。


リボルト岡崎では、
膜厚計を使用してお車の状態を確認しつつ、磨きをおこなっています。

膜厚計.jpg


塗装に負荷をかけない。
最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる 」ということが大切なんです。

これを実現できるのが、
リボルトグループの高度下地処理技術「Revolt adjust system」 です。


ガラスコーティングショップ【リボルト岡崎】
〒444-0069 愛知県岡崎市井田新町7-9
TEL: 0564-64-5005
MAIL: revolt@revolt-okazaki.com
メールでのお見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから