- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト新潟

傷をリフレッシュし、本来の輝きを取り戻します!

テーマ:その他の作業

リボルト新潟のブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

先日、ボディコーティング「リボルト・プロ」の施工をさせて頂いたお車の下地処理作業のご紹介です。

新車のうちはピカピカに輝いていた車も、年数が経つと洗車をしてもイマイチ綺麗な感じがしなかったり、艶がなくてぼんやりしていると感じたことってありませんか?
そう感じるのであれば、スマホでも構わないので、ライトを照らしながらボディをよーく見てみて下さい。それまで気付いていなかった線傷やシミがたくさん付いているかもしれません。

今回ご依頼頂いたお車も、入庫時の段階では塗装の輝きが失われている状態でした。
LED照明下で車両状態のチェックをすると、ボディ全体が無数の線傷に覆われておりました。
フィットB1.jpg
こちらはボンネットの下地処理前の画像ですが、このような円を描くような傷が各パネルを覆っている状態でした。
フィットB2.jpg
丁寧に洗車を行なっても、これらの無数の傷により、塗装面は白っぽくぼやけて見えます。
フィットB3.jpg
線傷が付いてしまう原因としては、洗車によるもの、機械で磨いた際に付く傷が見えず、それが解消されずに残ってしまっていること等が考えられます。
フィットB4.jpg
クリア層を貫通してしまっている深い傷や、クレーター状のシミ等、完全には除去できない場合も御座いますが、クリア層が完全に侵されていない状態であれば、下地処理にて解消する事ができます。

ご存知かもしれませんが、塗装の膜厚には限りがあります。磨けば磨くほど塗装は薄くなってしまうので、塗装の膜厚を考慮しながら磨きを行う必要があるのです。
当店では最小限の磨きによって、最大限の輝きを引き出していく、リボルト独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルトアジャストシステム)」によって、下地処理を行なっております。

下地処理により、今まで覆っていた傷が除去されたことで、「クリスタルブラック・パール」の塗装本来が持つ輝きを取り戻しました!
フィットA1.jpg
フィットA2.jpg
フィットA3.jpg
フィットA4.jpg

コーティング専門店選びにおいて、施工するコーティング剤も大切ですが、下地処理工程の要と言える、磨きをしっかりと出来るかどうかが重要なポイントと言えます。
経年車にお乗りの方や、購入した中古車で艶がなくパッとしないと思っている方は、是非一度当店へご相談ください!

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから