- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト新潟

「新車」であっても安心できません。

テーマ:コーティングに関すること

リボルト新潟のブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

突然ですが、「新車」っていい響きですよね。
その字のごとく、新しい車ですから、内外装の全ての装備品が新品で構成されている事になります。

しかし、外装の塗装状態はというと、少し勝手が変わってきます。
どういうことかと申しますと、お車は、生産工場のラインオフ後、実に多くの人手を介して、オーナー様の元にやってくるからです。

また、当店では、お客様の新車をコーティング施工させて頂く機会を、多々頂いておりますので、「新車」状態でのお預かり時は、実に様々な状態の車を見る事になります。

実際に画像をご覧下さい。
serenab1.jpg
こちらは、新車をお預かり後、各部をくまなくチェックした後、発見したものです。
白くモヤモヤとしたものがお分かり頂けると思います。
これは、表面上の汚れではなく、磨き傷の一つで「オーロラマーク」と呼ばれるものです。

そもそも「オーロラマーク」とは、研磨剤(コンパウンド等)の研磨粒子の傷と光の干渉によって起こる現象であり、ホログラムに似た色合いに見える事から、この俗称が付いております。

次に、こちらの画像をご覧ください。
serenab2.jpg
一見すると汚れにも見えますが、こちらは、新車時の塗装面の保護フィルムである「ラップガード」の跡がそのまま残ってしまっているのと、その痕跡を拭き取った際に付いてしまった拭き傷です。

新車なのになぜこのような傷が?と思われますよね。
しかし、現実的にこのような事は珍しくないのです。

以上の事から、例え、「新車」であってもオーナー様の手元に来るまでに様々な外的要因によって、外装面はダメージを受けてしまっている事があります。

これらをしっかりと把握し、適切な処置をする事で、新車本来の姿に戻してあげる必要があるのです。

当店では、全ての作業時にLED照明を使用しております。

LED照明は光の直進性に大変優れている為、光源から届く光量が従来照明よりも圧倒的に多い事が挙げられます。
このLED照明の利点をフルに生かすことで、屋外や従来照明装置下では発見することのできない微細な傷までも把握することが可能なのです。

そして発見した上記のような傷は、独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」によって、最適な下地処理を行うことができるのです。

せっかくの「新車」ですから、ガラスコーティング施工の前に、様々な要因によって付いてしまったダメージを、適切な磨きの下地処理によって解消する事をお薦め致します。
serenaa1.jpg
serenaa2.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから