- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト新潟

成分に着目したコーティング剤の選択

テーマ:コーティングに関すること

リボルト新潟のブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

ここ数年でコーティング剤は、カー用品店・ネット通販等を通して、一般にも出回るようになり、製品の数も急激に増えてきています。

当然ですが、製品数が多くなれば多くなる程、一般のユーザーさんは非常に迷うと思われます。
また、出回っている製品のすべてを使ってみるわけにもいきませんから、最終的には自分が良いと思ったもの(信じたもの)を選択し、使用してみる事になるわけです。

コーティング剤を選ぶ際、コーティング効果や効果年数に気を取られがちですが、注意して頂きたいのは、その製品に含有する【コーティング剤の成分】です。
今回はその「成分」に関するお話をしたいと思います。

一言で、「コーティング」と言っても、専門店でしかできないガラスコーティングから、ガラス系コーティングと呼ばれるもの、ポリマーコーティング等々、簡易的にできるものまで様々な種類がありますね。
製品名から判断するのは難しいことですが、成分に含有されるもので「石油系溶剤」「石油系〇〇」といったものをご存知でしょうか?
この石油系という成分は、所謂ワックス分や油脂類ことです。

石油系溶剤には艶を出す効果があるので、塗布後にはすごく艶が出る特徴があります。
石油系溶剤特有の濡れたような艶感が出るものもあります。
ですので、これらの製品が悪いという訳ではなく、これらの製品をする際には少し注意をして頂きたいと思うのです。

まず、石油系溶剤には次のような特徴があります。

・一時的な艶出し効果
・撥水効果
・紫外線に対する耐性がない
・熱に弱い
・酸性雨により成分変化が起きてしまう

一時的には艶が出て綺麗になった感じはするものの、石油系溶剤が塗装面に残留した状態で放置してしまうと、紫外線や雨を浴びることで激しい酸化劣化が起こり、何もコーティングしていない時よりも頑固な油分のシミが固着してしまいます。

表面上に付いたシミであれば、洗車や軽研磨によって解消ができますが、石油系溶剤が酸化劣化したことが原因で付くシミには、クレーター状のシミや塗装のクリア層を侵食してしまうものまであるのです。
これらを解消するのは非常に困難なケースが多く見られます。
対処法によりますが、当然、塗装自体に大きな負荷を掛けますし、塗装の膜厚にも限りがありますから、結果的に塗らない方が良かったということさえもあります。

ワックスと言うと聞こえは言いものの、シミの原因になりかねない油分を、労力を掛けて塗り込んでしまっているのでは、本末転倒の行為と言えるでしょう。

「リボルト新潟」を含む「リボルトグループ」では、提供しているすべてのコーティング剤、コーティング後にお渡ししているメンテナンスリキッドは、石油系溶剤を一切含まないのはもちろんのこと、溶剤は使わず、全て無溶剤となっており、塗装に悪影響を及ぼす心配はありません。

施工する製品の成分がどんなものなのかをしっかりと把握する事が大切です。目先の綺麗さではなく、長期的な視点で見た場合に、愛車に施工して本当に良いものなのかどうかを納得できるコーティング剤を選んでほしいと思います。
石油系溶剤ブログ01.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

revolt.jpg