- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト新潟

ソリッドブラックの代名詞・トヨタ202アルファードのガラスコーティング

テーマ:コーティングに関すること

202al-10.jpgリボルト新潟の代表・牛木です。

今回は「202」ブラックを纏った、トヨタ・アルファードのご紹介です。

近年新車販売されている「ブラック」の塗装色と言えば、マイカ顔料とメタリック顔料からなる、マイカメタリック塗装の「ブラックマイカ(メタリック)」が一般的となっております。
純粋に「黒」単色のみで構成されるソリッドカラーのブラックは、ラインナップとしては、非常に希少な塗装色であると言えます。

今回ご入庫のこちらのアルファードの「202」の塗装特性は、
一言で言えば、「非常に繊細でデリケート」です。202al-02.jpg
どんなに柔らかなクロスであっても、粗雑に拭きあげてしまうと、それだけで線傷が入ります。
また、どんなに丁寧に洗車をしているつもりでも、気付けば、洗車傷は付いてしまう。202al-05.jpg

そんな、扱いが非常に大変な塗装なのです。

では、当店でのガラスコーティングの「リボルト・プロ」を施工する事でどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットとしましては、
⓵二層式ガラスコーティングそれぞれに、紫外線軽減効果が含有されている為、塗装の酸化劣化を予防致します。
⓶硬化形成されたガラス被膜により、施工前に比べ、防汚性能が向上しますので、日常の洗車・お手入れが非常に楽になります。
⓷硬化形成されたガラス被膜により、軽微な傷を予防致します。
⓸ガラスコーティング特有の自然な艶感に包まれる事で美観を向上させます。

主なメリットは以上となりますが、ガラスコーティングを施工しても、傷が付かなくなる、シリカスケール等のシミの付着を完全予防できる訳では御座いません。
特に数ある塗装の中でも、極めて繊細なこちらの「202ブラック」は、美観を維持する為には、洗車やメンテナンスもせずに乗りっぱなしでは、シミや汚れが固着してしまいますし、粗雑に扱ったり、毎回洗車機に入れてしまったりしては、線傷に覆われてしまう事になります。

お車にコダワリをお持ちの方こそ、こちらの「202ブラック」を選択される傾向に御座いますので、ガラスコーティング施工後も、是非、日常の洗車ケアやメンテナンスは怠らずに、実行して頂ければと思います。

最後になりますが、このように美観維持の難易度は非常に高い、ソリッドカラーの代名詞である「202ブラック」ですが、綺麗に仕上げた状態は、他のどの塗装にもない、例えようのない位の美しさがありますね。これは、202ブラックを手にされたオーナー様だけが、得る事ができる、究極の満足感ではないでしょうか。202al-01.jpg202al-03.jpg202al-04.jpg202al-06.jpg202al-07.jpg202al-08.jpg202al-09.jpg

ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

リボルト新潟のフェイスブックページはコチラ