- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト長野

世界初のエンジンと美しいデザイン!マツダ・MAZDA3 FASTBACK

テーマ:施工ギャラリー

マツダ・MAZDA3 FASTBACKご入庫いただきました。
施工メニューは[リボルト・プロ][窓ガラス撥水加工(全面)]をご依頼いただきました。

力強く美しいデザインのMAZDA3とソウルレッドクリスタルメタリックの組み合わせは、現在のマツダデザインの中でもトップクラスのカッコよさがあります♪
さらにこちらのお車には純正アクセサリーのアンダースカートやルーフスポイラーが装着されており、純正ならではのデザインを保ちつつ迫力がプラスされています✨

今回ご入庫いただいたお車は新車納車後約1ヵ月経過していましたが、照明の下で確認すると一部に水シミや細かな洗車傷が見受けられました。

こちらの写真はフロントグリル(シグネチャーウイング)ですが、ご覧のようにシミが付着してしまっています。

dsc_0404.jpg

こちらはフロントアンダースカートですが、汚れを落とす為にこすったのか、一部が細かな傷で白っぽくなってしまっています。

dsc_0445.jpg


傷を確認しながら洗車をした後は下地処理をしていきます。まずはボディ各部の塗装状態をチェックする為に膜厚を計測します。

dsc_0443.jpg

dsc_0469.jpg
今回は新車ということもあり膜厚に問題はありませんでした。

続いてボディのツヤを確認する為に光沢を測定してみます。

dsc_0431.jpg
ボディ各部で少し差はありますが、ボンネットは光沢度が「100」でした。新車ということもありキレイな状態ですね。

ここから独自の下地処理技術【Revolt Adjust System】により、ボディの下地を作り上げていきます。せっかくの新車なので磨き過ぎることが無いようにしつつ、すでに入ってしまった洗車傷を出来るだけ除去する為に丁寧に丁寧に磨いていきます。
この下地処理の工程のみで約2日間、しっかりと時間をかけて作業させていただいていますので、今のボディで最良の下地を作り出すことが出来ます。

dsc_0617.jpg
こちらが下地処理後の光沢度測定結果ですが、「104」でした。適切な下地処理によって確実に光沢が上がっています。
ちなみにこちらは下地処理作業途中の写真です。
左側が作業前で右側が作業後ですが、右側はモヤっとした膜が取れたようなソウルレッド本来の発色になり細かな洗車傷も消えています。新車の塗装はキレイに見えますが、下地処理だけでもここまで変わるということを知っていただけると嬉しいです♪
1580321068b.jpg

さらにこの後リボルトプロをコーティングすることで最上のボディ状態にすることが出来ます。
十分な膜厚を確保することが出来ますので、磨くことにより減ったクリア層をしっかりとカバーします。完全硬化型のガラスコーティングは傷がつきにくくなるだけではなくツヤも大きくアップしてくれます。
こちらはコーティング施工後の光沢度測定値ですが、下地処理によって上がった数値からさらに上がり「106」となりました。
dsc_0584.jpg

ちなみに今回のお車で最大の光沢度は「108」でした。ものすごいツヤですねソウルレッドクリスタルメタリック✨
dsc_0618.jpg

コーティング施工後はシミや細かな傷をキレイにすることが出来ました♪
dsc_0404.jpg

dsc_0799.jpg

dsc_0445.jpg

dsc_0805.jpg

リボルト・プロの2層コーティングには紫外線カット効果も含まれていますので、今後はお引渡し時にお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間このソウルレッドクリスタルメタリックの輝きをお楽しみいただけると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

dsc_0672.jpg

dsc_0663.jpg

dsc_0647.jpg

dsc_0685.jpg

dsc_0678.jpg

dsc_0687.jpg

1580321804b.jpg

dsc_0706.jpg

dsc_0699.jpg

dsc_0719.jpg

dsc_0730.jpg

dsc_0736.jpg

dsc_0747.jpg

1580321955b.jpg

dsc_0779.jpg