- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト松山

フロントガラスへの断熱フィルムもおまかせ下さい!

テーマ:カーフィルム

夏場の運転中や車に乗り込んだ時に暑い経験はありませんか?

今では、新車でも一部のグレードのみしかIR(赤外線)カットのガラスは対応しておりません。そこで断熱フィルムをフロントガラスに貼ることで車内温度の上昇を抑えることができます。

フィルムを貼るとなると心配なのは車検に通るかということだと思いますが、リボルト松山では車検対応のフィルムを取り扱っております。

フロントガラスは道路運送車両の保安基準によって可視光線透過率が70%以上であることが定められております。

IR(赤外線)カットがされないガラスの可視光線透過率は平均的にドアガラスの方が、透過率が低い傾向にあります。

純正ガラス可視光線透過率 参考値
フロントガラス:75~80%
ドアガラス:73~78%

リボルト松山では可視光線透過率の測定器を導入しており、貼付け後に車検対応かを測定しております。
サトテック ティントメーターTM2000 
測定機器


今回は、ハリアーのお車に透明断熱フィルムを貼り付けましたので貼付け後の透過率をご参考下さい。
【施工内容】
フロント3面ガラス
施工フィルム:透明断熱フィルム(IRー90HD)
・透過率89%
・UV(紫外線)カット率99%以上
・IR(近赤外線)カット率69%


フロントガラス 透過率78%
フロントガラス

ドアガラス 透過率74%
ドアガラス

貼り付け前の数値がフロントガラス80%、ドアガラスが75%でしたので約2%前後の変化となります。

フロントガラスにTVアンテナフィルムや、ドライブレコーダー、車検・法点ステッカーが貼っている場合は、オーナー様と相談し、ステッカー回りをカットするか、ステッカー位置を変更するかなどご相談させて頂きます。

車検ステッカー
車検

法点ステッカー
法点

整備工場の方が剥がし、貼付けしやすいよう余裕をもってカットしております。TVアンテナフィルムへは電波障害の少ないフィルムですのでTVアンテナフィルムの上に透明断熱フィルムを貼り付けております。

お引渡しにはフィルム貼付け後の可視光線透過率測定証明書をお渡ししております。
証明書

車検の検査官や、整備工場により測定機器を持っているかなどによって判断が異なります。証明書で車検に通る場合もあれば、車検時に測定が必要な場合があります。その際は、無料にて透過率を測定し、再度証明書を発行もさせて頂きます。

透明断熱フィルムだけでなく、オーロラフィルムに関しましてもお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

【リボルト松山】
〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町大字筒井316-1
TEL&FAX 089-954ー3205
MAIL:revolt@revolt-matsuyama.com
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)