- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト郡山

「意外と盲点」新車の窓ガラス

テーマ:コーティングに関すること

リボルト郡山の渡辺淳一です。

新車の窓ガラスの内側、見過ごされがちですが実は意外と汚れています。

トヨタ カムリ アティテュードブラックマイカ 窓ガラス1


こちらは納車当日にご入庫いただきました新車のフロントガラスです。上記の画像に分かりやすく青い枠で囲んだ部分がありますが、これはガラスをマウントする際に付いた吸盤の跡と思われます。また、全体的に白っぽく曇っていて本来あるべきクリアな映り込みではありません。これは外側ではなく内側の状態です。

盲点となっている部分かもしれませんが、新車の窓ガラスはこのようになっている場合がメーカーを問わずよく見られ、その他にもフロントガラスは納車前まで内側にステッカーやシールの類が貼られていたりしますので、これらの糊が部分的に残っていることもあります。

リボルト郡山では、コーティング施工において窓ガラスの内側も全ての面を丁寧に拭き上げます。


トヨタ カムリ アティテュードブラックマイカ 窓ガラス2


窓ガラスの内側もケアしてあげることで、お車の美観をより高めることに繋がります。