- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト郡山

再塗装後のお車

テーマ:コーティングに関すること

リボルト郡山の渡辺淳一です。

修理のためお車を再塗装する場合がありますが、その際にはバフ目やオーロラマークなどの磨き跡が残ってしまうケースがほとんどです。次の画像は再塗装後にご入庫いたしましたフォード マスタングのボンネットですが、色がソリッドの黒ということもあり、無数の磨いた痕跡が目立ちます。

フォード マスタング ブラック ボンネット 施工前

丁寧に塗装されていましたが、ここからバフ目やオーロラマークを処理して、塗装自体の美しさをさらに引き出してあげるのが我々コーティング専門店の仕事です。専用の高輝度照明の下、このソリッドブラックの質に最適なコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、塗装負荷を抑えながら入念に研磨を行います。

フォード マスタング ブラック ボンネット施工後

磨いた痕跡はスッキリなくなり、クリアな映り込みとなったボンネット。光沢も一段とアップしました。 

同様の状態にあったクォーターパネルの施工前後もご覧ください。

Before

フォード マスタング ブラック クォーターパネル施工前

After

フォード マスタング ブラック クォーターパネル施工後

画像以外にも全体的に磨き跡は見られましたが、もちろんしっかり処理し、全ての塗装面を美しく整えた上で「リボルト・プロ」を形成いたしました。

フォード マスタング ブラック フロントバンパー1

170926mustang_j06.jpg

フォード マスタング ブラック ボンネット2

フォード マスタング ブラック リアバンパー

ワックスなどの表面的な光沢ではなく、塗装本来の美しさを十分に感じられる奥行きのある輝きに包まれたマスタング。ソリッドの黒はわずかな小傷などでも目立ちやすく、塗装面の状態が最も分かりやすいカラーでもあります。扱い方もシビアで、プロのコーティング施工店といえども磨き跡を残さず美しく仕上げられるショップは数少ないです。下地処理の技術力がはっきり表れます。

当店では繊細なソリッドブラックはもちろんのこと、再塗装されたお車もさらに美しく仕上げさせていただきます。