- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト甲府

磨きの違い

テーマ:コーティングに関すること

ご覧頂き誠にありがとうございます。

リボルト甲府の鈴木です。

今日は磨きの違いについてご説明させて頂きたいと思います。
今回ご入庫したお車は当店で施工されたお車になります。
マツダロードスターRFのマシーングレーメタリックです。

お客様は今回ディーラーでの鈑金塗装のご希望でしたので、私は再コーティング以外はノータッチです。
ディーラー様の鈑金塗装の仕組みは下請けで施工するようになっており、当然ながら今回のお車も下請けでの作業となりました。

塗装後の磨きは肌も柔らかくむやみに磨いてしまうと、かえって塗装を傷つけてしまう恐れがあるので注意が必要です。

今回はディーラー様の下請けに直接出向き色々と質問してきました。
どの塗料(クリア)を使っていますか?乾燥時間はどの位取られました?短波ですか?中波ですか?等々
そこまで気を付けて当店は作業をさせて頂きます。

基本、塗装後は肌調整やぶつ取り(塗装に付着したゴミ取り)を塗装屋様で作業終してから当店で再コーティングになりました。

ここからが専門店との違いが出てきます。

「磨きムラが見えるか、見えないか」

この差が一番大きくなっていきます。
コーティング屋は磨き屋とも呼ばれます。
綺麗に磨いてなんぼの世界ですが、綺麗に磨くためにはそれなりの設備が必要になっていきます。
塗装屋で磨いたなら大丈夫と言う気持ちは持たず、疑って確認し作業に取り掛かります。
だからこそ下の写真のようなムラも見つけられます。
これが専門店とそうでない所の違いになります。

同じ料金ならどちらにお願いしたいですか?

※施工前(左フロントドア・左リアフェンダー)
フェンダー1

※施工後
フェンダー2

※施工前(左フロントドア)
ドア1

※施工後
ドア2

PS、たまたま同じ車両が入ったので2台まとめて撮影してみました(*'▽')
2台

お問い合わせはこちらから

リボルト甲府のフェイスブックはこちらから

リボルト甲府のインスタはこちらから

〒409-3861
山梨県中巨摩郡昭和町紙漉阿原(かみすきあわら)2366番地 メゾンアオヤマ1階
TEL :055-268-2930
FAX :055-268-2977
MAIL:revolt@revolt-kofu.com
担当:鈴木