- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト甲府

リボルト甲府の代表の自己紹介をさせて頂きます。

テーマ:経営に関すること

ご覧頂きありがとうございます。

リボルト甲府の鈴木と申します。

【物を売るより、人を売れ】

施工者の顔が見えると安心すると思いますので、リボルト甲府代表の鈴木のご紹介をさせて頂きます。
dsc_1232_29.9.24.jpg

・鈴木 智弘(すずき ともひろ)

・三兄弟の末っ子

・福島県福島市出身
 山梨に来て約9年位

・29歳(1月23日生まれ)

・12月には4児のパパです(笑)

【略歴】
昔から機械いじりや細かい作業など得意でした。

高校卒業後は大手建設会社に入社してダムや空港、高速道路を建設する大型重機オペレーターをしていました。(重機マニアです・・・)

学生時代から付き合っていた彼女と結婚をする為に退社し山梨へ移住。その後結婚。
最初は友達もいないし、ナビが無いとどこにも行けないし、方言などにとても苦労しました。

その後は、男が一度は憧れる(?)足場のとび職を経験し当時の社長から
「お前は営業向きだから営業しろ」
と言われ足場の営業へ・・・

当時の営業の上司に言われた忘れられない言葉が冒頭の言葉の
【物を売るより、人を売れ】でした。

しかし、そこで待ち受けていたのは「方言」の壁でした。

福島の方言と山梨の方言はトーンも違えば言葉の意味も違く営業先の人に何回笑われたか・・・
それが自分にあって他にはない最大の武器でしたが、悔しかったので負けん気で方言を直しました(笑)
今では山梨の方言の方が出る位です。

その間に東日本大地震が発生。
その日の17時11分に第一子の長女が誕生。
まさかの電話がパンク状態で病院に戻ったらもう産まれていました。

その後憧れだった車の仕事がしたく、ある車屋さんにお世話になり色々と勉強をさせていただきました。
そこには約5、6年お世話になり、ある程度の事は一通り学ばせて頂きましたが、特に鈑金・塗装をメインにやっていたので美観関係には特に詳しくなりました。
それ以外にもレッカーなど、車のトラブルもすぐに対応出来る技術力も上がりました。
その間に長男、次男が誕生しました。

その後、コーティングの魅力に魅入られリボルトに加盟し現在に至ります。

人と人の出会い、縁に感謝しこれからも突っ走ります。

こんな私ですが今後とも宜しくお願い致します。