- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト川崎

新車に関する注意あれこれ

テーマ:コーティングに関すること

新車とは一番状態の良い車、そう思われていませんか?

確かに、工場⇒納車がほぼリアルタイムでいけば比較的状態は良いかもしれません。しかし、実際はそれなりの時間の経過があり、特に輸入車ではそれが顕著となります。さらに、在庫期間が長い場合、そこでどんな手入れがされていたかによって、状態が左右されます。

今回ご紹介する事例は、まさに手入れの状態があまり良くなかった新車の事例です。

納車後1週間にも満たない新車ですが、お客様から「とにかくシミがすごいんです」と相談を受けました。見てみると、窓ガラス、ボディにイオンデポジットと呼ばれるシミがびっしり。普通こんなにつくことはあり得ません。

おそらくですが、在庫期間が長く、またほこりなど溜まったらホースで水をかけ、そのまま拭き取らずに終わりと言う、車を扱う業者としてあるまじき扱いをしていたと思われます。(そうでなければ、このシミは説明がつきません。お客様は当店で何台も施工済みの人で、洗車の仕方も非常に丁寧で間違ったことをしない人です)

もはや数年経過したと言っても過言ではないレベルのシミですが、下地処理で何とか処置できました。でも、お客様がコーティングの依頼をされていたから良かったようなものの、そうでなかったらと思うと……。

※サンルーフです。右側が下地処理後でシミが綺麗に除去された状態です
窓ガラスシミ

もちろん、全ての新車がこんな状態という事はあり得ません。しかし、新車と言えど完ぺきではないという事が分かる(というか、分かり過ぎる)事例でした。

お問合せ、ご予約に関しましては、電話、または、以下のフォームからお願いいたします。

お問い合わせフォーム

【リボルト川崎】
〒211-0051神奈川県川崎市中原区宮内3-8-5
TEL&FAX:044-281-8610
MAIL:radiusrevolt@yahoo.co.jp