- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト川口

Dセグメントの指標!!メルセデスベンツ C180のガラスコーティング

テーマ:施工ギャラリー

メルセデスベンツ C180 セダンのご紹介です。Cクラス4代目にあたるW205型は、2014年に販売が開始され、セダン・ステーションワゴン・クーペ・カブリオレと様々なボディー構成と、様々なエンジン構成で日本でも大人気のモデルとなっています。C180は156馬力を発生する1.6リッターターボエンジンを搭載し、日本の道路事情にも適したモデルといえるのではないでしょうか。また現行型では、先代より内外装ともに質感を高め、世界中の自動車メーカーから指標とされているのも頷けますね。


【施工内容】

リボルトプロ ボディコーティング


今回お預かりしたお車は、約1年の経年車となります。当店拘りのフルLED照明のもとで確認しますと、ボディ全体にシミや洗車傷などが見受けられました。


BEFORE
1まえ

2まえ


塗装面そのものの仕上がりとして、艶感をレベルアップさせる下地処理を執り行いました。
下地処理技術としては、塗装面への負荷を極力抑えた【Revolt Adjust System】を用いて、塗装表面を平滑化させる事によって各種ダメージを軽減させ、塗装本来以上の艶・輝きを蘇らせていきます。照明や景色の映り込みも良くなりますので、下地処理終了後はボケていた塗装面もクリアになり、美しい輝きを放つボディに生まれ変わりました。


AFTER
1後

2後


下地処理が完了すると、塗装本来の色味が生かされた美しいボディに仕上がりました。次に行う工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きを更に一段増す効果があります。保護力、防汚力もアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。
コーティング剤は、当グループオリジナル低分子完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮・濡れたような艶・防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。
コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを使用して、正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡り美しい状態を維持できると思います。


c18-2.jpg

c18-11.jpg

c18-10.jpg

c18-9.jpg

c18-7.jpg

c18-6.jpg

c18-5.jpg

c18-4.jpg

c18-3.jpg

c18-1.jpg


お引取りに来られたオーナー様には、
『シミや傷も全く分からなくなった上に艶感が増していて、納車された時よりも綺麗なくらいで驚きました!非常に満足です。』
美しくに生まれ変わった愛車を見て、大変喜んでいただけましたようで嬉しい限りです!
この度はリボルトプロ ボディーコーティングをご用命賜りまして誠にありがとうございました。是非!2台目のご依頼もお待ちしております。