- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト川口

スバル インプレッサ ガラスコーティング

テーマ:施工ギャラリー

満を持しての復活! インプレッサWRX STIのガラスコーティング

GRB型インプレッサWRX STIは、WRCでの戦闘力などを考慮してか、当初はハッチバックのみの販売でした。しかし日本や北米などでの強い要望から、マイナーチェンジを機に3年ほど遅れてセダン版もデビューしました。搭載される2リッター水平対向4気筒ターボエンジンは、先代から様々な改良が施され、308psの最高出力と43.0kgmの最大トルクを発揮。その他、足廻りを中心にかなりの手が加えられていて、ニュルブルクリンクにてセッティングを煮詰めた様ですので、サーキットに持ち込めば本領が発揮できるかもしれませんね。

今回お預かりしたお車は、新車から約4年の経年車となります。屋外屋根なし駐車との事で、一見してかなりの雨シミや汚れ、洗車傷や小傷が見受けられました。

塗装面そのものの仕上がりとして、艶感をレベルアップさせる下地処理を執り行いました。
下地処理技術としては、塗装面への負荷を極力抑えた【Revolt Adjust System】を用いて、塗装表面を平滑化させる事によって各種ダメージを軽減させ、塗装本来以上の艶・輝きを蘇らせていきます。

照明や景色の映り込みも良くなりますので、下地処理終了後はボケていた塗装面もクリアになり、美しい輝きを放つボディに生まれ変わりました。

下地処理が完了すると、WRブルーマイカ本来の色味が生かされた美しいボディに仕上がりました。

次に行う工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きを更に一段増す効果があります。保護力、防汚力もアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。

コーティング剤は、当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮・濡れたような艶・防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを使用して、正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡り美しい状態を維持できると思います。

お引取りに来られたオーナー様に『正直ここまで綺麗になるとは期待していなかった。新車みたい!』との嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
この度はリボルトプロ・ボディコーティングをご用命賜りまして誠にありがとうございました。

sti-3.jpg

sti-1.jpg

sti-2.jpg

sti-4.jpg

sti-5.jpg

sti-6.jpg

sti-7.jpg

sti-8.jpg

sti-9.jpg

sti-10.jpg