- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト金沢

下回り防錆加工(防錆アンダーコート)にも種類があるのをご存知ですか?

テーマ:コーティングに関すること

下回り防錆加工

下回り防錆加工(防錆アンダーコート)には防錆剤と防錆保護塗料がありますが、ご存知の方は少ないと思います。

・防錆剤とは
浸透性が高く、アンダーフロアーに対して奥深く浸透することで、被膜が形成され水を遮断することで外的要因から保護及び錆の進行を抑えることができ、優れた耐久性があります。

・防錆保護塗料とは
アンダーフロアーに対してのった状態で被膜が形成されますので、耐久性には乏しいです。

また、防錆剤は錆の上からでも塗布できるのに対して、防錆保護塗料は錆の上に塗布しても、錆が被膜を押し上げてしまい、最終的には剥がれてしまいますので、塗布してもあまり意味がありません。

錆が発生していない、新車であればどちらも添付は可能ですが、長く車を保有されるのであれば防錆剤が最適です。

アンダーフロアーは普段目にすることはありませんので、防錆される際はこの点にご注意されると、より大切に維持して頂けると思います。


当店では防錆剤のみの取り扱いとなります。

施工する防錆剤は世界的にも有名なスウェーデン製のWURTH。
アンダーフロアーに対して均一にかつ厚塗り(2層)することで、錆の発生及び進行を抑制します。
2mmもの厚みのある被膜は優れた耐久性と防音(遮音)効果があります。
特に軽自動車には防音(遮音)効果が高いです。
img_1202.jpg
img_1201.jpg


【REVOLT KANAZAWA / リボルト金沢】
〒920-0362
石川県金沢市古府2-175-2
TEL&FAX:076-259-0806
営業時間:AM9:30~PM19:30(不定休)
お問い合わせはこちらから