- 洗練された技術で愛車を守る - リボルト千葉

春眠暁を覚えず!(施工模様)

テーマ:コーティングに関すること

リボルト千葉の近藤です。

サクラの季節が終わり、すっかり暖かくなりましたね。
私もこの暖かさのせいか仕事場でもこんな感じで寝てばかりいます↓

dsc_1947.jpg

と言っても、これは決して怠けているわけではなく、バイクのコーティング施工中の模様なんです!

↓こんな感じでバイクの下のほうにコーティング剤を塗っていると、どうしても寝そべるしかないんですよね(笑)

dsc_1950.jpg

当グループで使用している独自開発のガラスコーティング剤「リボルト・プロ」はガラス濃度100%・無溶剤で塗装への悪影響要素がない分、作業性が悪く、吹き付けでの塗布ができないため手塗りしか手段がないものとなっています。

それでも、コーティング作業を怠ることはしたくないため、こうして車体の手の入るところはすべてコーティング剤を塗布しています。

正直。。。疲れます(笑)

ですが、仕上がりをご覧いただき喜んでくださるお客様のお声で、その疲れも吹き飛びます!

dsc_2033.jpg

dsc_2038.jpg

もちろん、車の場合でも必死にコーティング作業を行った後にお客様からいただくお声に励まされております。

これからどんどん気温が高くなり、大切なお車・バイクの塗装への影響が懸念される時期となってまいります。
塗装保護のためにも、ぜひコーティングをご検討くださいませ。