- 車とバイクのガラスコーティング 独立開業 -フランチャイズ募集 -リボルト本部

開業技術講習

コーティング施工技術の修得

リボルト本部では、技術講習・経営指導は1対1の完全マンツーマン形式で行います。

一般的なフランチャイズ本部が行っている指導者1人に対して複数人での講習は、各個人の理解度が浅くなり、細かなニーズに完全に応えることが出来なくなります。リボルト本部では、地域ナンバーワン経営者を育てる事が大きな目的ですので、このような複数人での講習は行わずに完全なマンツーマン形式での講習・指導形式をとっております。同時期に複数人の加盟希望者がいたとしても時期をずらすなどして調整いたします。

リボルトグループでは、その高いコーティング施工技術により、高級車の施工が数多くあります。代表的なものとしましては、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、ポルシェ、ジャガー、フィアット、プジョー、シトロエンなどの施工台数は国産車同様に多数ございます。そのため、実際の講習時には、店舗に施工入庫されている車を見て頂くことで、国産車・輸入車との塗装の違いによる施工技術の注意点などを理解して頂きます。国産車では考えられないような取扱い事が多くある、高級外車の注意点も学んでいただけます。講習時にそのような知識理解を深めることで、未経験者でも高級車に対する不安を無くし、強い自信を持って店舗オープンに備えることが出来ます。実際にオープンされますと、多数の高級輸入外車が入庫されるようになります。でも、講習時に学んだ知識が即活かされますので、ご心配はいりませんし、我々も随時サポートいたします。

1472617793.jpg

1472617837.jpg

1472617863.jpg

1472617886.jpg

※2014/1現在、フェラーリF430をデモカーとして導入しました。世界一扱いにシビアと言われるイタリアン・フェラーリの塗装を徹底的に研究し、独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】と低分子硬化型ガラスコーティング【リボルトプロ】の更なる技術進歩を極め続けております。フェラーリでの確固としたコーティング技術を確立することにより、他車メーカーへの技術も同時に高め、極めることが出来るのです。

1472618088.jpg

車だけではなくバイクコーティング技術講習も充実しています。

一般的なコーティングショップでは車のコーティングは行っていても、バイクコーティングは行っていないところが多々あります。この理由としては、車よりもバイクの方が細かなパーツがあり、高いコーティングクオリティを保つことが困難なためです。しかし、困難であるがために、お客様からのニーズは強くあります。そのお客様のニーズにこたえるため、リボルトグループでは車のコーティングで確立されていた「Revolt Adjust System」を何度もの検証を踏まえながら、バイクコーティングにも適用・応用することに成功しています。
講習には最新のハーレーダビッドソンFXDBを用い、難しいバイクコーティング技術を学んでいただきます。

1472617651.jpg

1472617673.jpg

コーティングの施工は、カーコーティングショップの要と言われる技術です。

下地処理同様に、メーカー、車種、ボディカラー、塗布場所によりその都度臨機応変に対応しながら施工する技術が求められます。これらの施工を講習期間中に何度も行い、修得して頂きます。

dsc_5228.jpg

parts1.jpg

parts2.jpg

高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】の修得

カーコーティングの主な作業は以下の2工程です。

(1)ボディの塗装表面の下地処理(汚れ落とし、磨き等)
(2)コーティング塗布処理

もちろん、上記以外にも細かな作業はあるのですが大きく分けると上記の2工程です。

作業にかかる時間としては、下地処理が約7割で、コーティング塗布処理が約3割です。
つまり、コーティングというのは、下地処理に多くの部分を依存するのです。

この下地処理というのは、お車のボディ表面上の塗装を磨く事(ポリッシュ)です。この磨く技術というのがショップ施工者により様々です。磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせの中から、そのお車の車種、年式、色に応じたベストな選択をする必要があるからです。

revolt_adjust_system_1.jpg

リボルトグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

適当に磨けば綺麗になるという程、生易しいものではありません。長年の経験と知識、技術ネットワークによって支えられたものなのです。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトグループの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

この、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を修得して頂きます。